FC2ブログ

京都観光にお勧め!車窓景観と思い出作りに「嵯峨野トロッコ列車」

都観光のオススメ。
トロッコ嵯峨野駅から嵐山駅、保津峡駅を通り亀岡駅までを、およそ25分でつなぐ嵯峨野観光鉄道「嵯峨野トロッコ列車」に乗りました。(2018.7)
トロッコ列車は09:01から1時間おきの運行です。
嵯峨野駅から終点の亀岡駅まで乗ったら、散策して同じルートで引き返すか、欠航していなければ保津川下りで嵐山まで戻ることもできます。

0096-01.jpg 



トロッコ列車のチケットの入手方法はネット予約などいくつかありますが、JR西日本のみどりの窓口でも購入できます。
猛暑続きでトロッコ列車の乗客がぐったりしている様子を伝えるニュースや、京都に台風が接近しているニュースが流れていて、当日まで乗車をなかなか決めきれずにいました。
事前のチケット予約をせずに当日午前9時、京都駅のみどりの窓口へ。
「今日の11:01出発のトロッコ列車、2枚空きありますか?」とお尋ねすると、意外にもあっさり「ありますよ。」と。
偶然2枚だけ空いていたらしく、この暑さ&台風接近でもほぼ満席の人気ぶりなんだそうてす。
むしろ、このタイミングで空席をゲットした私に奇跡が起きたくらいのことらしく、時間などの変更は空きがないので難しいと言われました。
購入できたのは進行方向を向いた右側の並びの席で、景色が良いので最初に予約でうまる人気席。
本当に幸運だったみたいなので、やっぱり事前予約がお勧めです。
チケットを購入したら、JRで嵯峨野へ。


トロッコ嵯峨野駅は、JR嵯峨野線“嵯峨嵐山駅”から徒歩1分、目の前です。

0096-02.jpg


駅舎内は観光客で賑わっています。
トロッコ嵯峨野駅では、空いていればチケット購入窓口で当日券や立席券を購入することができます。

また、トロッコ列車には、屋根や壁がない“チャレンジ号”という車両が1両だけ連結されています。
この車両は事前購入できず当日券のみ座席販売されているので、乗りたいときは同じチケット販売窓口で事前購入していたチケットの座席変更をするか、当日に購入します。

0096-03.jpg 


その他駅舎内には、トロッコ亀岡駅到着後に保津川下りをする人のために、トロッコ亀岡駅から保津川下り乗り場までの移動方法別チケットや保津川下りのチケットを購入できる専用窓口もあります。
(保津川下りは個人では事前予約できないので当日に乗船場などで購入します)

トロッコ亀岡駅から保津川下り乗り場までは、バスで20分、タクシーで10分の距離。
人数に限りがありますが馬車で移動もできます。
記入台で保津川下りの人数など記入して窓口へ。
保津川下りをするときは、移動方法や手続きなど分かりやすく教えてくださるので、ここでまとめてチケット購入するのがお勧めです。

0096-04.jpg


トロッコ列車の出発時間が近くなると改札が始まります。
予約車両の前に2列に並ぶように誘導されます。

トロッコ列車がホームに入ってきて、乗客が降車したら入れ替わりで乗車、出発です!

0096-05.jpg 


車内は木製の椅子に向かい合わせで座るようになっています。

0096-06.jpg


走り出すと風が少し入って暑さが少しだけ和らぎます。

0096-07.jpg


出発するとすぐに嵐山駅に止まります。
その後、保津川沿いの緑の中やトンネルを抜け、きれいな景色を眺めながらの旅。
ラフティングや、7月はじめの大雨から23日ぶりに再開された保津川下りの参加者と手を振りあったり。

0096-08.jpg 

0096-09.jpg


川の流れやまだ青い紅葉などを夢中で眺めているうちに保津峡駅に。

0096-11.jpg 


タヌキの置物が迎えてくれます。

0096-10.jpg 


駅舎の前に仁王立ちしていた鬼?!

0096-12.jpg 


車両に乗り込んできた鬼(?)は、亀岡駅まで乗客と記念撮影をしてくれる、優しくて面白い人気者でした!

0096-13.jpg 


JRの鉄橋と交差している個所もあり、車両が通過するのと出会うこともあります。

0096-14.jpg

***嵯峨野トロッコ列車***

京都観光嵯峨野トロッコ列車

0 Comments

Add your comment