FC2ブログ

「筋湯温泉うたせ湯(大分県九重町)」2mから流れ落ちる日本一のうたせ湯とほっこり温泉街散策

0832-01.jpg

大分県九重の山あい。
筋湯温泉散策と、人気の“うたせ湯”を楽しみました。(2021.7)
筋湯温泉街のうたせ湯は、300円で購入するコインで入れる共同温泉
およそ2mの高さから落ちる、日本一の打たせ湯が体験できるスポットです。





01| 筋湯温泉街へのアクセス


| アクセスMAP


筋湯温泉へは、九重ICからおよそ21㎞、26分のドライブ。




| 温泉街の駐車場


温泉街の端の県道490号線沿いに、無料の筋湯温泉公共駐車場がありました。
車を止めると、駐車表の端に温泉街へと続くる小路の案内が。

0832-02.jpg


坂を下って温泉街を目指します。

0832-03.jpg






02| 筋湯温泉街の散策


筋湯温泉の絵地図
HPで見つけた地図は、筋湯温泉にある旅館などでもいただくことができました。

0832-30.jpg


駐車場から坂を下り始めると間もなく、風情ある温泉地のまちなみが見えてきました。

0832-04.jpg


川も流れていていて、水が流れ込む音が絶えず聞こえていました。

0832-05.jpg


ベンチが設置してあるところもあって、散策途中にも休憩できそうです。
ほっこりする雰囲気の温泉地です。

0832-06.jpg




03| 筋湯温泉の打たせ湯


筋湯温泉と言えばの人気施設!
ぜひ体験したい“うたせ湯”を目指しました。



| 足湯


のんびり歩いていると見えてきたうたせ湯の建物
最初に目に入ったのは、正面入口と反対側にある小路でした。
「公衆トイレ」「足湯」の案内板がたっています。

0832-07.jpg


小路を道なりに進むと、屋根のある小さな建物が。

0832-08.jpg


こちらが足湯
無料で利用できるようです。

0832-11.jpg


打たせ湯の建物の壁沿いには、温泉っぽい施設が。

0832-12.jpg



| うたせ湯


足湯からぐるっと回って、建物の正面へ。
入り口横に並べられたベンチでは、湯上りの方がおしゃべりしながら涼んでいる様子。

0832-20.jpg


建物の脇の郵便ポスト
懐かしいデザインも、まちなみの雰囲気づくりにぴったり

0832-13.jpg


ところどころに、九重の名水がいただけるスポットがありました。

0832-14.jpg


うたせ湯の建物の入口の向かい側に、打たせ湯の駐車場がありました。

0832-16.jpg


駐車場の横には商店が。
筋湯温泉絵地図によると、甲斐みやげさん。
日よけには、「甲斐みやげ品店 甲斐商店」と書いてありました。

0832-17.jpg


こちらの商店では、タオルなどの入浴グッズも販売されているので、手ぶらで訪れたのですが、打たせ湯を楽しめるアイテムをゲットできました
店頭ではラムネなどが冷えていて、お風呂上りや散策途中に足を止めてしまいそう。

0832-18.jpg


うたせ湯の入浴料は300円
先ずは、入口の横にあるメダル販売機で、一人一枚メダルを購入します。

0832-22.jpg


こちらがメダルのデザイン。

0832-23.jpg


建物の中央にある入口。
購入したメダルを、入り口に設置されたコイン投入口に入れると、押し回して進むタイプの入口のロックが外れてが動くので、一人ずつ順番に中へ
2mの高い位置からお湯が豊富に流れ出る打たせ湯が、内湯の奥の壁一面に並んでいて、ゆっくり体がほぐせました

0832-21.jpg




04| 露天 岩ん湯


筋湯温泉 絵地図によると、打たせ湯のほかにも温泉があったので行ってみました。

0832-25.jpg


露天 岩ん湯です。
名前のとおり石でできた、外観から想像したよりも広めの露天風呂で、ここにもちょっと小さめの打たせ湯がありました。

0832-26.jpg


偶数日と奇数日で、男女入替制になっているようです。

0832-27.jpg




05| 共同浴場 薬師湯


露天 岩ん湯のすぐ近く。
細い小路を進んだところに、共同浴場 薬師湯がありました。

0832-28.jpg


こちらは、檜造りの内湯とこのこと。

0832-29.jpg


筋湯温泉ではこの旅館に泊まりました!
↓↓↓↓↓↓
楽天トラベルサイト
関連記事

スポンサーリンク

筋湯温泉うたせ湯大分九重やよいカフェ日本一のうたせ湯大分観光九重観光九重ドライブ温泉巡り

0 Comments

Add your comment