FC2ブログ

別府☆鉄輪温泉の旅館「山荘 神和苑」2019年オープンの絶景新館“宙”に宿泊しました!

鉄輪温泉 山荘 神和苑


桜の開花が近づいた3月下旬、別府 鉄輪温泉の旅館“神和苑”さんに宿泊しました。(2020.3)
“神和苑”と書いて“かんなわえん”と読む、歴史ある旅館です。
今回宿泊するのは、2019年3月16日に山の上にオープンした新館“宙”
別府湾まで一望できるお部屋と、自家源泉かけ流しの客室半露天風呂を満喫です!

0610-01.jpg






01| 鉄輪温泉の旅館“神和苑”へ


別府地獄めぐりの“山地獄”と“かまど地獄”の間にある、“神和苑”さんの入口です。
車で門を潜り抜け、ゆるやかな坂を上がってエントランスに進みます。

0610-02.jpg


坂を上がると、“神和苑”さんの全容が!
以前は本館と離れがある旅館でしたが、昨年、山の上に見える新館“宙”がオープンしました。
山の上の中央に見える緑の屋根の部分が“宙”のロビー、向かって右側がお部屋、左側に見えるガラス張りの部分がプールやジム、プールの上には大浴場があります。

0610-03.jpg


エントランスです。

0610-04.jpg


入ってすぐのところには壁いっぱいの、昔の鉄輪温泉街の金色の絵が飾ってあります。

0610-05.jpg


“宙”のフロントは山の上の建物の中にあるので、本館のロビーを抜けて進みます。

0610-06.jpg


“宙”に続く通路はこちらの坂道。
歩いて散策することもできるのですが、車で連れて行ってくださいます。

0610-07.jpg


ヘアピンカーブを2つ曲がった坂の先に、“宙”のエントランスがありました。

0610-08.jpg


ロビーです。
素敵なソファーやおしゃれなクッション。
そして!!
窓からの景色v(o゚∀゚o)v

0610-11.jpg


絶景です!
別府の町が一望できるのを楽しみにしていました。

0610-13.jpg


広いロビーは、お食事会場としても使用されています。

0610-12.jpg


ウエルカムドリンクとスイーツ。
“神和苑”さんオリジナルのシフォンケーキと、こだわりの台湾の烏龍茶です。

0610-14.jpg


ウエルカムセットをいただきながら、翌朝のお食事を“和朝食”と“洋朝食”のどちらにするかチョイスです。
以前、姪甥との夏休み旅行で離れに宿泊したときに、“和朝食”をいただいたのを思い出しました。
今回も“和”で行きたいと思います!!

0610-15.jpg


ロビー前の廊下に、売店があります。

0610-16.jpg


和柄の封筒や、旅館で使用されている作務衣、ウエルカムドリンクやお部屋の烏龍茶などなど、厳選された品ぞろえで、楽しく見て回れる売店です。

0610-17.jpg

0610-18.jpg

0610-19.jpg




02| お部屋「宙」和洋室・内風呂付


お部屋へは、長い廊下を進んで行きます。
案内してくださったスタッフの方にうかがうと、この数か月間、宿泊される方が増えていて、この日も“神和苑”さんは満室とのことでした。
確かに、宿泊2日前に予約したとき「あと1部屋」という表示が出ていたのを思い出しました。

0610-22.jpg


今回宿泊するのは、111号室。

0610-23.jpg


靴を抜いで、目の前の引き戸を開けると、奥に長く続くお部屋が。

0610-24.jpg


赤と黒のステキソファーセットの正面に、壁掛けテレビ。

0610-25.jpg


突き当りは和室。
テレビがもう一つあるのは嬉しいですねー。

0610-26.jpg


デッキに出ると、楽しみにしていた別府の景色!!

0610-27.jpg


お部屋の中でくつろいでいても、湯けむり上る気持ちがいい景色を満喫できます。

0610-28.jpg

0610-29.jpg


111号室の正面には桜の木が植えてありました。
今にも咲きそうな、ピンク色をした大きなつぼみもちらほらあって、あと少ししたらお花見も楽しめそうです。

0610-30.jpg


ちなみに、“宙”のお部屋の中で、正面に桜の木が植えてあるのは、このお部屋だけでした!!

0610-31.jpg


今度はじっくりお部屋を楽しみます。

0610-32.jpg


和室の座卓においてあるこちらのお茶セット。
ロビーでいただいたのと同じ台湾の烏龍茶だそうです。

0610-33.jpg


こだわりの烏龍茶は楽しみ方も珍しく、同じ茶葉で8回ほどお茶を入れることができるのだそう。
1,2回目は、ほぼ香りが楽しめるだけ。
それ以降は烏龍茶の味がして味わいに変化が。
飲みやすくて美味しい烏龍茶です。

0610-34.jpg


3種類の味のチュイルも美味しいです。

0610-35.jpg


ソファーセットは、おしゃれなだけでなく座り心地も良い感じ。
赤いソファーは座面に角度がついているので座りやすくて、ただ寝転がると奥に転がりそうに(笑!)

0610-37.jpg


テレビの横にある入口は、自家源泉かけ流しの半露天風呂に続いています。

0610-38.jpg


素敵なデザインの洗面台は、アメニティやタオルなどなども充実!
持ち運びできる、女優ライト付きのミラーもありました。

0610-39.jpg

0610-40.jpg


奥の扉を開けると浴室。
湯けむり絶景を眺めながら、温泉につかってゆっくりできます。

0610-41.jpg


ダブルサイズのシモンズベッドが2台。

0610-42.jpg


USBジャックがついているのが嬉しいです。

0610-43.jpg


ベッドの足元にある棚にも、素敵グッズが盛りだくさん。

0610-44.jpg

0610-45.jpg


作務衣は、サイズごとに引き出しに収納されていて、お好みのサイズを使用します。

0610-46.jpg


棚のコーヒーは自由にいただけます。

0610-47.jpg


冷蔵庫の中。
飲み物もすべてフリー。

0610-48.jpg


そして、フレッシュフルーツの盛合わせも「湯上りなどにどうぞ」と、冷蔵庫で冷やしてくださっていました。
嬉しいサービス!!

0610-49.jpg


夕暮れが近づくと、お部屋から見える色も変化してまたステキ。

0610-50.jpg




03| 充実の施設 温泉神社・展望ジム・展望プール・大浴場


お部屋で一息ついて、館内散策です。

温泉神社
先ずは、“宙”のエントランス前からさらに山の上へと続いている坂を上った先にある“温泉神社”。
もともと別の場所にあったものを移築したのだそう。
そして、“温泉神社”の後ろ側には、“神和苑”のオーナーさんが新たに離れを建築されているとのことでした。
完成が楽しみですね~。

0610-51.jpg


ジム
“宙”のエントランス横にある階段を下ると、途中にある扉の奥にジムがあります。
宿泊客はだれでも自由に利用できます。

0610-52.jpg


中をのぞくと、充実のマシンが。
窓からも別府の景色が楽しめて、気持ちがいい環境で運動できます。
早めにチェックインして、旅館自体を満喫したいです。

0610-53.jpg


おいてある水は、自由に利用できるサービスも嬉しいですねー。

0610-54.jpg


プール
ジムからもう少しだけ階段を下ったところに、プールの入口があります。

0610-56.jpg


プールもフロントで手続きすれば自由に利用できます。

0610-57.jpg


全面ガラス張りのプール。
手前に子供用の浅いプールもあります。

0610-58.jpg


夜は、プールの中にブルーの照明が!
オシャレ~。

0610-59.jpg


大浴場
大浴場へは、“宙”のエントランス前の、チェックインの時に上がってきた坂の横にある小路を少し上ったところにあります。

0610-60.jpg


こちらが入り口。

0610-61.jpg


中に入ると、休憩スペースの横に温泉の入口があります。
展望の内湯や、絶景が見えて開放感のある露天風呂もあって、気持ちがいい温泉。

0610-62.jpg




04| 神和苑の夕食 特選豊後御膳


“宙”のロビーの2階にあるレストランで、夕食をいただきます。
落ち着いた雰囲気の大人の空間です。
窓際のお席で、一段と高いところからの絶景を楽しみながらの“特選豊後御膳”です。

0610-63.jpg


お迎えの逸品 香り酒肴
卵黄がのったエンドウ豆のお豆腐、珍しいです。
ゼンマイの白和え。
太刀魚にキュウリ酢のソースが添えてあります。

小茶碗 欄黄卵の羽二重蒸し ふかひれ餡掛け
甘いふかひれ餡にに椎茸と筍が入っています。
ふかひれはコリコリ食感!

0610-64.jpg


割鮮 本日佐賀関漁港 入荷鮮魚のお造り 妻一式
炊合 大分冬菇椎茸と根菜のがめ煮 リブロースの柔らか煮
酢物 豊後牛の叩き 香味野菜のサラダ仕立て かぼす胡椒風味のジュレ
お料理は、一品ずつでなく、数種類ずつまとめて持ってきてくださるので、同時に色々楽しめて嬉しいっ。
しかも、「お食事もお持ちしましょうか」と聞いてくださって、自分のペースでいただけます!!

0610-65.jpg


関鰺と天然鯛の薄切りです。
天然鯛はポン酢でいただきます、美味しぃ~(*≧∪≦)

0610-66.jpg


豊後牛!!
かぼすのジュレでさっぱりといただけます。

0610-67.jpg


トロトロに煮込まれたリブロース。
これも美味しぃー。

0610-68.jpg


強肴 車海老ガダイフ揚げ 山の幸薄衣揚げ
車海老~!!
サクサクに揚げてある頭まで全部いただけます。
アスパラの下にはキス。
添えてあるのは海老塩。

0610-69.jpg


御食事 合鴨農法米 ミルキークイーン使用
止椀 袱紗仕立て 季節の椀種
香物 自家製糠漬け盛合わせ
赤出汁には、なめこと湯葉が。
前回の宿泊でもいただいたミルキークイーン、変わらず美味しいです。
合鴨農法米も、日ごろいただく機会がないので嬉しいです。

0610-70.jpg


水物 桜餡ブラマンジェ 季節の果物
ココナッツミルクのソースに、桜の葉を挙げたものが添えてあります。

0610-71.jpg




05| 松明が灯る能の舞台


夕食後、スタッフの方にお勧めしていただいて、本館エントランス横にあるお庭を散策しました。
明かりが灯った“神和苑”です。

0610-72.jpg


池の中に建っている、茅葺の離れ。

0610-73.jpg


池の横にあるのが、能の舞台。
松明がたかれて、宿泊客の撮影スポットになっているんだそう。

0610-74.jpg


素敵な屋外空間です。

0610-75.jpg


お庭散策の後は、本館エントランスから本館ロビーを抜けて、坂の上にある新館“宙”へ。

0610-77.jpg

0610-82.jpg


本館ロビー横にも売店があるので、ちょっと寄り道です。

0610-81.jpg


戻ったお部屋の窓からは、別府の町の夜景が!!
湯けむりもたくさん上がっています。

0610-83.jpg




06| 神和苑の朝食 和食膳


翌朝。
窓から見えたすがすがしい景色です。

0610-84.jpg


お部屋の正面の桜の花は咲いていませんでしたが、この日もぽかぽか暖かく、良いお天気!!

0610-85.jpg


朝食は、ロビーにある一番奥、窓際のテーブルでいただきます。

0610-86.jpg


窓の外には別府の絶景。

0610-87.jpg


“和食膳”です。

0610-88.jpg


豆乳にかぼす果汁を入れて混ぜると、ヨーグルトドリンクのように。
かぼす風味の美味しいドリンクと、キャロットジュースで朝食スタート。

0610-89.jpg


ご飯とお味噌汁。

0610-90.jpg


温泉豆腐です。
お食事スタートと同時に火をつけてくださいます。

0610-91.jpg

0610-92.jpg


お料理はこちらの引き出しに!!
オシャレー。

0610-93.jpg


ワクワクしながら、1段ずつ引き出してみました。

0610-94.jpg

0610-95.jpg

0610-96.jpg


食後にはコーヒーサービス。

0610-97.jpg


チェックアウトの時、本館エントランス横で見かけた光景です。
現在使っている自家源泉が止まっても大丈夫なように、新しくもう一つの温泉を掘っているんだそうです。

0610-98.jpg


【楽天トラベルで予約】
大分の旬を堪能!【特選豊後御膳】お得な2食付きの新プラン登場!今だけ特別価格でご提供!!

クーポンやポイントを使ってお得に予約!
ラ・クーポン3,000+ポイント9,900+支払30,000=42,900[円/二人・朝夕]税込


Instagram

山荘 神和苑
大分県別府市鉄輪345番地
0977-66-2111
ウェブサイト》山荘 神和苑


関連記事
別府鉄輪温泉神和苑やよいカフェ別府でおすすめの旅館別府の絶景旅館鉄輪温泉に人気旅館大分のおすすめ旅館糸度は止まってみたい旅館

0 Comments

Add your comment