FC2ブログ

「明礬 湯の里(大分県別府市)」江戸時代から続く湯の花製造の技術を見学

明礬 湯の里

別府のドライブの途中。
明礬温泉を通りかかったので、久しぶりに“明礬 湯の里”さんへ。(2020.3)
湯の花小屋や温泉土産などなど桜の花が見ごろの明礬ぶらり散策を楽しみました。
“明礬 湯の里”は、国の重要無形民俗文化財に指定された製造技術をもつ“薬用 湯の花”の製造、直売所なんだそうです。

0606-01.jpg




道路わきにある駐車場に車を止めました。
3月後半の行楽日和。
気温も20度近く、日曜日ということもあってか、駐車場は満車の賑わいです。

0606-02.jpg


すぐ右側に見える建物。
1階はお土産ショップです。
2階と3階はレストラン。

0606-04.jpg


すぐ左にある味のある建物でも、こだわりのお酒を中心にお土産も販売しています。

0606-05.jpg


両側にあるお土産店の間を抜けて進むと、すぐに湯の花小屋が見えてきます。

0606-06.jpg


左に、見学ができる湯の花小屋があります。
江戸時代から続く、湯の花の製造技術を見ることができます。

0606-07.jpg


こちらが湯の花小屋の見学入口。

0606-08.jpg


化学反応で湯の花が結晶となる仕組みの説明看板がありました。
なるほど~。

0606-09.jpg


無料で見学できる、三角屋根の小屋の中へ。

0606-10.jpg


中央の通路の両側に、湯の花の結晶が。

0606-11.jpg


少し黄色がかった白い湯の花。

0606-12.jpg


大きな小屋ではないので、反対側からすぐに外へ。
“見学順路”の立て看板にそって、隣の小屋との間を進みます。

0606-13.jpg

0606-14.jpg


通路の先に小屋がもう一つ。
同じように湯の花がたくさんできていました。

0606-15.jpg


外に出ると、正面の丘の斜面に、ピンクの桜が満開
たくさんの方が桜の写真を撮影していました。
ソメイヨシノには少し早いタイミングなので、ピンクのフワフワ桜に出会えて幸運です!

0606-16.jpg


奥にむかって右側に並んでいるのは、湯の花小屋をイメージしたデザインの家族湯
突き当りの丘を上ったところには、景色のいい大露天風呂もあります

0606-17.jpg


明礬 湯の里
大分県別府市明礬6組
0977-66-8166
10:00-20:00(OS19:30)
ウェブサイト》みょうばん 湯の里


関連記事
明礬湯の里湯の花大分やよいカフェ別府大分観光大分のおすすめスポット別府観光別府の人気スポット

0 Comments

Add your comment