FC2ブログ

「天草オリーブ園(熊本県天草市)」農園ツアーでハートの葉を発見!

天草オリーブ園AVILO

天草を訪れるたびにいつも気になっていた“天草オリーブ園”さんに、ついにうかがいました。(2020.1)
日本でのオリーブオイル生産は、明治41年に三重、香川、鹿児島で試験栽培がおこなわれ、小豆島のオリーブだけが実をつけたそう。
その後九州では大分、長崎、熊本が、南国九州の風土をいかして栽培に取り組んでいて、身近でオリーブオイル農園の景色を見ることができるのを楽しみに!!

0594-01.jpg





天草市役所から、車で北に13分ほどのところに、“天草オリーブ園”さんがあります。
ゲートを通って坂を上ったところに駐車場が。

0594-02.jpg


駐車場に車を止めると、目の前ににおしゃれな建物が並んでいました。

0594-03.jpg


オリーブショップ
先ずは、オリーブショップに向かいます。

0594-04.jpg


中は、オリーブ関連のいろいろな商品が並ぶショップ。

0594-05.jpg


カウンターの横には、オリーブのテイスティングができるコーナー
テイスティングのポイントは、おいてあるパンに、たっぷりオリーブをつけていただくのがおすすめだそう。

0594-06.jpg


テイスティングできるオリーブだけでなく、ほかにもいろいろと。
以前使っていた、オリーブオイルのハンドクリームもありました。

0594-07.jpg



オリーブ体験
オリーブ農園ツアー

今回のお目当ては、“オリーブ体験”です。
実は、“天草オリーブ園”を訪れる30分ほど前に電話でお尋ねすると、この日のオリーブ体験が可能とのことだったので、急遽決定したもの。
幸運~!!
体験は“オリーブ農園ツアー(中学生以上756円)”、“オリーブ手絞り体験(中学生以上756円)”、“オリーブオイルのテイスティング(無料)”の3種類です。

0594-08.jpg


今回は、体験の開始時間と旅のスケジュールを考えて、“オリーブ農園ツアー”に参加。
“オリーブショップ”内にあるカウンターでチケットを購入です。

0594-09.jpg



オリーブ農園ツアー

オリーブ農園ツアースタート!
先ずは、“オリーブショップ”前にある“案内マップ”で、ツアーコースの説明です。

0594-10.jpg


そのまま、オリーブショップの目の前に植えてある1本のオリーブの木へ移動。

0594-11.jpg


この時期、オリーブのには、小さな新芽が葉と葉の間から伸び始めていました。

0594-12.jpg


搾油場
駐車場の目の前にあったこちらの建物。
オリーブの搾油場でした。

0594-13.jpg


この時は稼働していませんでしたが、農園で収穫したオリーブは、ここで搾油するそうです。
“天草オリーブ園”には1,000本以上のオリーブの木があって、そのすべてを10人ほどですべて手摘みで収穫されているとのこと。
毎年およそ6トンの収穫に対し、できるオリーブオイルは570キロほど。
愛情込めて生産されているオリーブオイルが高価なことも納得です。

0594-14.jpg


いくつかの機会があって、それぞれの使い方を説明してくださいました。

0594-15.jpg


オリーブ農園
“搾油場”の見学が終わると、いよいよ農園内へ。
農園の入口にはチェーンがかかっていて、ツアー参加者しか入ることができません。
散策路には、水はけのために軽石を敷いてあるそうです。

0594-17.jpg


散策路沿いのところどころに、オリーブの頃がわかる看板が設置されていて、ガイドの方が説明してくださいます。
ヨーロッパのイメージだったオリーブの原産地は、トルコなんだそう。

0594-18.jpg


イタリアは、生産量も多いのですがそれ以上に消費量も多く、生産する以上に輸入して使われているんですねー。

0594-19.jpg


通りの両側にオリーブの木が並ぶこの場所は、ツアー参加者だけが眺めることができる景色
ガイドの方が記念に写真を撮ってくださいました。
オリーブにもたくさん種類があって、この農園でもいろいろな種類を栽培されているそう。
散策路の左右でも種類が違うとのことで、よく見ると微妙に葉の色や形が違って見えました

0594-20.jpg


散策中、看板ごとにオリーブの説明を聞いて、たくさんの発見がありました。
途中で、オリーブの葉や花に関する説明も。
オリーブの花ってすごく小さいらしくて、5月から月6にかけて、直径3㎜位の花びらが4枚付いた花が咲くんだそう。
香りがないため虫が来ないので、受粉は風がたより
自然の神秘ですね。

0594-22.jpg


オリーブの葉は、通常は細長くてシュッとした形をしています。
ガイドの方が「時々ハートの形をした葉があるので探してみてくださいね!」と。
自然にハートの形をしたものができて、意外とよく見つかるんだそう。
見つけました!
しかも、葉は摘んでOK
見つけたら持って帰って、しおりなどに使えます。

0594-23.jpg


農園散策のちょうど真ん中あたりに、休憩場所がありました。
オリーブの木が風にるれるのを眺めるのに、いい感じの場所ですねー。。

0594-24.jpg


撮影スポットです。
今の時期はオリーブの木を剪定したばかりで、枝が伸びているときはふわふわ風になびいて、もっときれいなんだそう。

0594-25.jpg


国際オリーブオイル協会が定めた“オリーブオイルの分類”です。
こんなにたくさんあるなんて!
例えばよく見かける、“エキストラバージンオリーブオイル”は、「酸度が0.8%以下」と酸化していないものであるだけでなく、“官能検査”という実際に人がテイスティングする検査で、「否定的要素がゼロ」かつ「フルーティが1以上」を満たしたものだけをそう呼ぶことができるのだそう。
ちなみに、日本は協会に加入していないので、分類に準じて表示てしているのかもしれませんねー。

0594-27.jpg


丘の上のオリーブ館
農園を抜けると、丘の上にある建物に向かいます。
農園の外の通路沿いなどにも、オリーブの木が植えられています。

0594-29.jpg


向かったのは、駐車場から“オリーブショップ”の奥の、丘の上に見えた白い建物。

0594-30.jpg


“丘の上のオリーブ館”といって、“オリーブの手絞り体験”や“オリーブオイルのテイスティング体験”ができる施設です。
今回は帰りの飛行機まで時間がなくて、体験はまた今度の楽しみに。

0594-31.jpg


“丘の上のオリーブ館”の屋上は展望台になっていて、自由に上がることができます。

0594-32.jpg


上がってみると、椅子や鐘が設置されたウッドデッキ。

0594-33.jpg


カーンといい音がする“オリーブ平和の鐘”の向こう側に広がるのは、今まで歩いていたオリーブ農園。

0594-34.jpg


“オリーブショップ”や“オリーブ搾油場”も見えます。

0594-35.jpg


“オリーブショップ”の横に植えてあるオリーブの木で、またまた見つけました(っ*^ ∇^*c)
どこにあるかわかりますか~?!!

0594-36.jpg

0594-37.jpg

0594-38.jpg


こっちにも!
しかも2枚。

0594-39.jpg

素敵な経験ができました!
今度は、“オリーブの手絞り体験”や“オリーブオイルのテイスティング体験”もしてみたいです。


天草オリーブ園
熊本県天草市五和町御領蛍目580-1
0969-32-0366
09:00-17:000
無休
ウェブサイト》天草オリーブ園


関連記事
天草オリーブ園観光熊本やよいカフェ天草のおすすめスポット天草観光熊本の人気スポット天草で人気のスポットオリーブ体験

0 Comments

Add your comment