FC2ブログ

「お正月!ハツカネズミパン」の作り方☆カスタードクリーム入りふわふわ白パン

2020年の干支 ハツカネズミパン

お正月に向けて、干支のパンを考えました。
牛乳でこねた、ふわふわの白パン生地に、カスタードクリームを包んで、ハツカネズミに仕上げます。
お節料理のデザートにも良さそうな、スイーツパンです。

0551-01.jpg

難易度 ★★★★☆
手間  ★★★★★



出来上がり
ハツカネズミパン8個



材料
生地A
強力粉A …100g
インスタントドライイースト …小さじ1
砂糖 …大さじ1+1/2
牛乳 …150㏄

生地B
強力粉B …100g
塩 …小さじ1/2
無塩バター …25g

カスタードクリーム
卵黄 …2個分
グラニュー糖 …55g
薄力粉 …20g
牛乳 …200㏄
無塩バター …10g
バニラオイル …5滴

成形
強力粉 …適量
色素(赤) …適量



準備
*生地Aの牛乳は人肌に温めておきます
*2次発酵中にオーブンを190度に予熱します



作り方
生地作り~1次発酵
1
生地Aの強力粉、インスタントドライイースト、砂糖をボウルに計量し、人肌に温めた牛乳を加えて混ぜます。

0551-02.jpg


2
とろろ状に混ざったら、生地Bの強力粉、塩、無塩バターを加えて混ぜ、粉気がなくなったら台の上に出してこねます。

0551-03.jpg


3
こねあがったら丸めなおしてボウルに入れ、ラップをかけて1次発酵(40度で25分)です。

0551-04.jpg



1次発酵中に
カスタードクリーム作り
1次発酵中にカスタードクリームを作ります。

0551-05.jpg


4
ボウルに卵黄とグラニュー糖を入れて、ハンドミキサーですり混ぜます。

0551-06.jpg


5
薄力粉をふるい入れて均一に混ぜます。

0551-07.jpg


6
沸騰直前まで温めた牛乳を少しずつボウルに入れて均一に混ぜ、鍋にうつしてカスタードを炊きます。
ゴムベラで鍋の沿器を混ぜ続けながら中火で炊き、炊きあがったら無塩バターを加えて均一に混ぜながら溶かします。
完成したカスタードクリームをお皿に移し、密着ラップをして保冷剤で急冷します。

0551-08.jpg



ベンチタイム
7
1次発酵が終わったら生地を8分割して、それぞれの生地から6gをとります。
6gを2分割(しっぽと耳)し、そのうちの1つを更に2分割(耳)して丸めなおします。
濡れ布巾をかけてベンチタイム(10分)です。

0551-09.jpg


8
ベンチタイム中に、冷やしたカスタードクリームをボウルに移し、腰を切ってバニラオイルを加えて均一に混ぜます。
ボウルの中で8等分にしておきます。

0551-10.jpg



成形~2次発酵
9
生地を麺棒でスケッパー大に伸ばします。
伸ばした生地の中央にカスタードクリームをのせ、上下の生地を合わせて綴じ目をしっかりとじます。
ネズミのおしりになる側だけ内側につまみ込んで、綴じ目をしっかりとじます。

0551-11.jpg


10
カスタードクリームを包んだ生地を、綴じ目を下にして、オーブンシートを敷いた天板に並べます。
ネズミのしっぽを両手で転がして伸ばし、耳と一緒にネズミの胴体につけます。
ラップ、濡れ布巾をかけて2次発酵(40度で20分~)です。

0551-12.jpg



焼成
11
強力粉を薄く全体にふるいます。

0551-13.jpg


12
190度に予熱したオーブンを、150度に下げて14分焼きます。

0551-14.jpg


13
焼きあがったらケーキクーラーの上で冷まし、赤の色素を少量の水でといて、爪楊枝で目と鼻を描きます。
水でといたココアでも可愛くできます。

0551-15.jpg


お正月にピッタリ、ふわふわのクリームパンです!

0551-16.jpg

関連記事
ハツカネズミパン干支レシピやよいカフェハツカネズミパンの作り方白パンレシピクリームパンの作り方お正月のパン干支のパン

0 Comments

Add your comment