FC2ブログ

「千畳閣と五重塔(広島県廿日市)」豊臣秀吉が建立した宮島の豊国神社

千畳閣五重塔

秋の旅行で宮島へ。
豊臣秀吉が建立した“豊国神社”を訪れました。(2019.10)
“豊国神社”は、畳857枚分の広さがあることから、“千畳閣”とよばれています。
“千畳閣”の隣には、朱塗りが美しい“五重塔”も。
重要文化財に指定されている“千畳閣”と“五重塔”をゆっくり散策しました。

0523-00.jpg




“千畳閣”と“五重塔”は、宮島にむかうフェリーや厳島神社など、いろいろなところから見える、大きな建造物です。

0523-21.jpg

0523-01.jpg


“千畳閣”と“五重塔”へのアクセスにはいくつかのルートがあります。
味わい深い建物の間の空に、建造物がのぞき見えるたたずまいが素敵な、こちらの階段から向かいました。

0523-02.jpg


階段を上り始めると、“千畳閣”が大きな姿をあらわにします。

0523-03.jpg


こちらが“千畳閣”です。

0523-04.jpg


“千畳閣”は、中に入ることもできるのですが、廊下の下を通って見学することができるのもポイント。

0523-05.jpg


軒丸瓦には、「王」の文字が刻まれています。
建立した豊臣秀吉の権力の象徴なんだそう。

0523-06.jpg


“千畳閣”の向かい側には、“五重塔”。

0523-07.jpg


“千畳閣”の昇殿料は、大人100円、小中学生50円です。
入り口で靴を脱いでビニール袋に入れ、スリッパに履き替えます。

0523-08.jpg


広い!!
立派な太い柱が、整然と並んでいます。

0523-09.jpg


“千畳閣”は、豊臣秀吉がなくなったため、未完成のまま現在に至っていて、御神座の上以外は天井が張られていません。
入ってすぐのところの天井に、方位盤がつるされていました。

0523-10.jpg


柱と柱をつなぐ梁の上には、無数の絵が。

0523-11.jpg

0523-12.jpg


宮島の杓子は、琵琶の形から考案された縁起物なんだそう。

0523-13.jpg


“千畳閣”のまわりの廊下に出てみました。

0523-15.jpg


長い、しっとりとした雰囲気の廊下。

0523-16.jpg


壁のない柱の間から外を眺めると、すごく大きな銀杏の木がありました。

0523-17.jpg


美しい銀杏の木を近くで見ようと廊下に出ると、厳島神社が目の前に。

0523-18.jpg


“千畳閣”の中から見える“五重塔”。

0523-19.jpg


27.6mの高さの“五重塔”は、見上げる大きさです。

0523-20.jpg

宮島に行ったらぜひ訪れたい、歴史を感じるスポットです。


豊国神社(千畳閣と五重塔)
広島県廿日市市宮島町
0829-44-2020
【十畳閣昇殿時間】08:30-16:00
【十畳閣昇殿料】大人100円、小中50円
無休


関連記事
宮島豊国神社千畳閣五重塔やよいカフェ宮島のおすすめスポット宮島で訪れたい宮島散策宮島観光宮島巡り

0 Comments

Add your comment