FC2ブログ

「サンドイッチ型城下町(大分県杵築市)」北台と南台の武家屋敷と坂の散策

杵築のサンドイッチ型城下町

杵築城がある大分県杵築市。
城下町は、日本唯一の”サンドイッチ型城下町”と言われ、北台と南台の武家屋敷の谷間に、商人の町がある特殊な地形になっています。
南台にある駐車場に車を止めて、南台武家屋敷、塩屋の坂、酢屋の坂、北台武家屋敷などなどを散策しました。(2019.7)

0442-01.jpg




南台武家屋敷散策
城下町には、散策マップが所々に設置してあって、わかりやすいです。

0442-02.jpg


南台武家屋敷の土壁のまちなみです。

0442-03.jpg


石積+生垣の通りもあって、まちなみの連続性に配慮して、昔ながらの景観を守っているんだなあと感じます。

0442-04.jpg


側溝です。
石が並べられている下に暗渠があって、ところどころに穴をあけて排水を行っています。
景観を守る工夫ですねー。

0442-05.jpg


しばらく歩くと、塩屋の坂に続く通りに。

0442-06.jpg


この先の塩屋の坂を下った向こう側に、酢屋の坂が見えます。

0442-07.jpg


展望台
酢屋の坂が向こう側に見えだしたところに、“きつき城下町資料館”と“展望台”の入り口がありました。

0442-08.jpg


門を入ってまっすぐ歩いた左手にあるのが“きつき城下町資料館”(有料)です。
その先に進み、階段を上がった突き当りに、“展望台”があります。

0442-09.jpg


展望台からの景色!

0442-10.jpg


八坂川の河口に架かる橋と、杵築城が見えました。

0442-12.jpg


中根邸
展望台から元の通りにもどると、すぐお隣に無料で公開されている“中根邸”がありました。
“家老丁”と呼ばれた通りで、藩の重鎮たちのお屋敷が並んでいたそうです。

0442-13.jpg


1860年代に建てられたお屋敷です。

0442-14.jpg


お庭もきれいにお手入れされていました。

0442-15.jpg


塩屋の坂&酢屋の坂
いよいよ“塩屋の坂”を下ります。
CMなどでも見かける、素敵な坂の景色です。

0442-17.jpg

0442-18.jpg


北台と南台の谷間に幹線道路が通っていて、沿線には商店など建ち並んでいます。

0442-19.jpg


“酢屋の坂”を上ります。
梅雨明け前の蒸し暑い日、すでにちょっとぐったり気味~。

0442-20.jpg


坂を上って振り返った景色です。

0442-21.jpg


北台武家屋敷
北台武家屋敷の土塀のまちなみ。

0442-22.jpg


能見邸と台の茶屋
有料の観覧施設もありますが、こちらの“能見邸”は観覧料無料。

0442-23.jpg


スタッフの方が、武家屋敷の中を案内してくださいます。
欄間の波のモチーフは火除けの守り、うさぎのモチーフは子孫繁栄や跳躍をあらわすそうです。
「波うさぎ」は縁起物の図柄として用いられていたそう。

0442-24.jpg


こちらは縁側の“まわり戸”。

0442-25.jpg


“能見邸”さんの奥のお部屋では、“台の茶屋”というカフェが営業されています。
杵築産のハウスみかんを皮まで丸ごと使った“まるごとみかんのかき氷”が絶品でした!!
冷たいもの休憩にぴったりの、素敵なお店です。

0442-26.jpg

***台の茶屋***
くわしくはこちら↓↓↓↓↓↓


商人の町と飴屋の坂
駐車場への帰り道は、上った“酢屋の坂”を下り、幹線道路沿いの商人の町を歩きました。

0442-27.jpg


下ってきた“塩屋の坂”ではなく、駐車場に近い”飴屋の坂”を北台へ上ります。

0442-28.jpg


そこから少し歩くと、モダンな杵築市図書館の横にある駐車場に到着です。

0442-29.jpg

***杵築城下町***
大分県杵築市

サンドイッチ型城下町杵築城下町大分観光スポット杵築市やよいカフェ塩屋の坂酢屋の坂杵築城杵築城下町の観光スポット大分のおすすめ観光スポット

0 Comments

Add your comment