FC2ブログ

おすすめ!「フードペン 黄色」ほんのチョッとの着色に便利です。

食べられるフードペン

シュガーぺーストパウダーでお花の飾りを作るとき、型で抜いただけよりも、やっぱり中心に黄色い色があった方がカワイイですよねー。
そんな時!
色素を混ぜて、少量の黄色いペーストを作るよりも、食べられる黄色いフードペンで書いちゃった方が簡単だと閃き、フードペンを購入。
早速使ってみました。

0395-01.jpg




先ずは、シュガーぺーストパウダーに少量の水を加えて練り込みます。
しかも、着色なしの1パターンだけ。

0395-02.jpg

0395-03.jpg


綿棒で伸ばして、花型(今回はマーガレット)で抜きます。

0395-04.jpg

0395-05.jpg


シュガーぺーストパウダーが固まったら、フードペンの出番。
食品に描けるフードペンには、色々な種類の色がありますが、今回使うのは黄色です。

0395-06.jpg


原材料は、水、黄色4号、グリセリン、エタノール、クエン酸。
イタリア製のフードペンで、日本用に調整しているそうです。

0395-07.jpg


マーガレットの中心を、黄色で着色してみます。

0395-08.jpg


点々と、色をのせるように着色すると、描きやすいです。

0395-09.jpg


真っ白のマーガレットより、かなり可愛いくなります!
二種類のシュガーペースとを作って組み合わせて作るよりもずーーっと簡単。
一本あると便利です。

0395-10.jpg


ケーキに飾ってみました。

2019060123050478a.jpg

20190601230504942.jpg

今回使ったのはコレ
↓↓↓↓↓↓

関連記事
フードペンイエロー黄色シュガーベーストパウダーシュガークラフトやよいカフェケーキ飾り

0 Comments

Add your comment