FC2ブログ

北九州発!萩の旅[1泊2日コース]明治日本の産業革命遺産をのんびり巡る。

ぶらり旅

予定のない天気が良い週末。
ちょっとのんびり過ごしたくなって、山口県萩市へ。(2016.5)
旅の前日にホテルを予約して、何度か訪れたことがある場所なので、1泊2日で気ままな散策ぶらり旅です。

0380-01.jpg

【travel schedule 1日目】
 11:00 北九州出発
・道の駅 萩往還
・萩城跡 指月公園
宿泊「海が奏でる癒しの宿 リゾートホテル美萩」 

【travel schedule 2日目】
・萩反射炉
・恵美須ヶ鼻造船所跡




1日目
道の駅 萩往還

中国自動車道の美祢東JCTで秋芳台方面に進み、国道490号を進みます。
北九州からおよそ1時間半の場所。
道路上にインパクトのあるゲートが見えると、“道の駅 萩往還”に到着です。

0380-02.jpg 


敷地内に建つ、幕末志士の銅像も見どころの一つです。

0380-03.jpg 


いくつかの建物があり、レストランや特産物の販売などなど。
売店はこだわりの品ぞろえで、ショッピングもとても楽しめる道の駅です。
ご当地ソフトクリーム、お勧めです。

0380-04.jpg 

***道の駅 萩往還***
山口県萩市椿鹿背ケ坂1258
0838-22-9889




宿泊「海が奏でる癒しの宿 リゾートホテル美萩」

“道の駅 萩往還”でショッピングを楽しんで、早めにホテルへチェックイン。
海辺に建つ“海が奏でる癒しの宿 リゾートホテル美萩”さんに宿泊です。
日本海の菊ヶ浜海岸に沈む夕日は、日本の夕日百選にもなっている、絶景スポット。
一日の景色の移り変わりを楽しみたいホテルです。

0380-06.jpg 


開放感があるロビー。

0380-07.jpg 


ロビーやテラスから眺める景色は、日本海のパノラマビュー。

0380-08.jpg 

0380-09.jpg 


夕食後にロビーから眺めた景色は、昼間の真っ青な景色とは違った、美しい夕焼けでした。
夕日百選。
癒されるひととき。

0380-10.jpg 

0380-11.jpg 

***海が奏でる癒しの宿 リゾートホテル美萩***
山口県萩市堀内485
0838-21-7121
詳しくはこちら↓↓↓↓↓↓




萩城跡 指月公園

ホテルに早めにチェックインしたので、夕食までの時間、徒歩で行ける距離ににある“萩城跡 指月公園”まで散策です。
萩城跡を中心とした指月公園の敷地は広大で、20万㎡もあるそう。

0380-12.jpg 


現在は、お城の建物は残っていませんが、石垣やお堀などの城跡は国の史跡に指定されているとのこと。

0380-13.jpg 


お堀には、いろいろな色の鯉や、たくさんのカメが泳いでいて、近くを歩くと近寄ってくる姿がかわいかったです。

0380-14.jpg 


広い公園を進むと、広い芝生の向こうに海が見えてきます。
お天気なので水がキラキラしてきれいですねー。
本当にのんびりできる公園です。

0380-15.jpg 

***萩城跡 指月公園***
山口県萩市堀内2区1-1
0838-25-1826
詳しくはこちら↓↓↓↓↓↓




2日目
萩反射炉

国指定史跡で、世界遺産(明治日本の産業革命遺産)に登録された“萩反射炉”を見学に。
静岡県と鹿児島県にある反射炉と共に、日本に現存する3基の反射炉のうちの一つです。
鉄製大砲の鋳造を目的に試作されたものだそう。

0380-16.jpg 


建設当時は高さが16mあり、現在はそのおよそ7割の10.5mが残っているんだそうです。 

0380-17.jpg 


1856年の建設といわれていて、反射炉の周りは柵で囲われていますが、当時の石積みやレンガ積みの技術を間近で見ることができます。
風雨にさらされながらも、200年近くもの間姿をとどめていること自体がすごいですねー。

0380-18.jpg 

***萩反射炉***
山口県萩市椿東4897-7
無料駐車場有
詳しくはこちら↓↓↓↓↓↓




恵美須ヶ鼻造船所跡

こちらの、明治日本の産業革命遺産の萩の遺産群の一つ、“恵美須ヶ鼻造船所跡”です。

0380-19.jpg 


ロシアやオランダの技術を使って洋式船を建造していたそうです。

0380-20.jpg 

***恵美須ヶ鼻造船所跡***
山口県萩市椿東5166

帰りにも、行きに立ち寄った“道の駅 萩往還”でショッピングを楽しみました。

関連記事
北九州発旅行1泊2日コースお勧めやよいカフェ世界遺産萩往還萩城

0 Comments

Add your comment