FC2ブログ

大分県☆別府の宿「割烹旅館 かんな和別邸」(2013.6)

別府、鉄輪温泉にある「割烹旅館 かんな和別邸」さんに2回目の宿泊です。
離れが6室あり、全室源泉かけ流しのお宿です。

0035-01.jpg

「かんな和別邸」さんは割烹旅館で、素材そのものを大切にしたお料理がおすすめです。

お料理だけでなく、お部屋、お庭、温泉それぞれが魅力的な旅館です。
鉄輪のまちなかで大通りに面して入り口があるのですが、敷地に入ると豊かな緑と純和風なたたずまいで、車の音も聞こえず優雅な時間がながれます。
各お部屋に温泉がついていますが、広い貸切露天風呂も利用できます。

お料理と素敵な空間を楽しみに宿泊です。


玄関を入ったところです。

0035-02.jpg


明るいロビー。

0035-03.jpg




お部屋

今回のお部屋「もみじ」の入り口です。

0035-04.jpg


“もみじ”は、内湯だけで露天風呂はありませんが、10畳の和室二間と茶室がある広いお部屋です。
写真は夜ですが、昼間は広縁からあかりが差し込みます。

0035-05.jpg


鮮やかな緑が見える広縁でのんびり過ごすのもいいですね。

0035-06.jpg 


床の間のある奥の和室。

0035-07.jpg


お茶室です。

0035-08.jpg


お部屋にある源泉かけ流しの温泉。

0035-09.jpg


別府は温泉の温度が高いので、湯かき棒があります。

0035-10.jpg




お庭

貸切露天に向かう通路です。

0035-11.jpg


自然な和のお庭が広がります。

0035-12.jpg




お食事(夕)

楽しみにしていたお食事「水無月の喰い切り 恵の膳」です。

食前酒
梅酒です。

0035-13.jpg


先付
天然鯛と車海老、生海胆、湯葉地がけ、柚子胡椒。

0035-14.jpg


前八寸
山海の幸盛り合わせ。
初めて宿泊したとき、こちらのお料理の写真に惹かれて予約しました。
割烹旅館で、そのままいただくお野菜がどんな味なのかとても気になったのを覚えています。

みずみずしくて、またいただきたいなと思うお野菜です。

0035-15.jpg


活鱧葛叩き。
やっぱり鱧の季節!

0035-16.jpg


向付
関鯛、関鰺 他。
別府のお魚、新鮮です。

0035-17.jpg


炊合
蛸柔煮、木の葉南瓜、六方小芋、新蓮根 銀餡。
お上品です。

0035-18.jpg


強肴
豊後牛ステーキ。

0035-19.jpg


酢物
天然鮃の揚げ出し、淡竹、紅葉卸し、葱、のり。
美味しいです(´∀`*)

0035-20.jpg


お食事
大分県産米 ヒノヒカリ、赤出汁、香の物。

0035-21.jpg


果物
フレッシュフルーツ。

0035-22.jpg



苦手な食材対応もしてくださいます。
豊後牛のかわりに出してくださった、お魚を中心とした“強肴”です。

0035-23.jpg



お食事(朝)

朝も割烹旅館ならではの丁寧なお食事です。

0035-24.jpg


食後のお茶。

0035-25.jpg

***割烹旅館 かんな和別邸***
大分県別府市火売1組


旅館別府かんな和別邸

0 Comments

Add your comment