FC2ブログ

「あまべの郷 関あじ関さば館(大分県佐賀関)」佐賀関で採れた魚が器から溢れ出る“関の海鮮丼”

佐賀関の関あじ関さば館

豊後水道に面した大分県の佐賀関。
美味しい海鮮をいただきに“あまべの郷 関あじ関さば館”へ!(2019.2)

関の海鮮丼

新鮮な海鮮料理メニューの中でも、お目当ては“関の海鮮丼”。
丼ぶりに入りきれないボリュームのぷりぷりなお魚を楽しみにお出かけです!

0298-01.jpg 




北九州ジャンクションから東九州自動車道を南へ。
“別府IC”を過ぎて、“大分IC”から3つ目の“大分宮河内IC”で一般道へ入り、海岸沿いの国道197号へと進みます。
“道の駅 さがのせき”、“国道九四フェリーターミナル”を過ぎたあたりで、国道217号に入ると間もなく右側に見えてくるのが“あまべの郷 関あじ関さば館”です。

0298-02.jpg 


1階は直売所、2階はレストランになっている、白を基調とした爽やかな建物です。

0298-03.jpg 


“あまべの郷 関あじ関さば館”の前に広がるのが豊後水道。
霞のない晴天の日には、正面の水平線上に四国がくっきりと見えるそうです。

0298-04.jpg 


入り口を入って正面の階段から2階へ。

0298-05.jpg 


レストランを入ると、テーブル席が並んでいました。
窓際には座敷席。
木製のパテーションに、左に進むと“海の見えるカウンター席”があると案内されています。
スタッフの方も「お好きなお席にどうぞ!」と声をかけてくださいました。

0298-06.jpg 


こちらのテーブル席フロアは、外から見たときのこのあたり。
ここからでも、十分景色が楽しめそうです。

0298-07.jpg 


海の見えるカウンター席に行くと!
海がより近くなってステキヽ(´∀`)ノ

0298-08.jpg 


外から見えた、この建物がカウンター席部分でした。

0298-09.jpg 


私が到着したのは、レストランオープン(11:00)直後の11:05頃だったので、海を望む素敵なお席の写真が撮れましたが、レストランを出る頃には平日にもかかわらず満席に近い客さんが!!
交通の便が良いという場所ではないのに大人気です。

0298-10.jpg 


入店するとすぐに、お茶と骨せんべいを提供してくださいました。
この骨せんべい、クセになりそうに美味しいです!

0298-11.jpg 


お品書きです。
私は、訪れる前から決めていた、名物“関の海鮮丼”をオーダー!
お店の方にうかがっても、やっぱり1番人気とのことでした。
メニューの文字からしても、サイズが大きくて太文字
期待が膨らみます。

0298-12.jpg 

0298-13.jpg 


丼ぶりの蓋から大幅にはみ出しているこちらが、“関の海鮮丼”です。

0298-14.jpg 


蓋を開けると(((o(*゚▽゚*)o)))
丼ぶりの全貌が!
小鉢はゴボウともやし。
もやしはナムル風の味付けでした。

0298-15.jpg 


関の海鮮丼は、全て佐賀関で採れたお魚だそうです。
脂がのって新鮮ピチピチ!
*さばきたての鰺の活き造り
*関鰤(せきぶり)
*鯛
*なまこ
*さざえ

0298-16.jpg 


どんぶりに収まるサイズではないですよねー!!
大満足のランチでした。

0298-17.jpg 


お食事の後は、1階の直売所でお買い物です。
すごく広いわけではありませんが、充実の品ぞろえで、魅力的なものがたくさん!

0298-18.jpg 


お店の方に伺うと、一番人気は“きす骨せんべい”とのことでした。
何とこれ、2階のレストランでお食事の際にいただいたもの。
そうそう!美味しかった!!
380円でたっぷり容量、体にもよさそうでお勧めです。

0298-19.jpg 


そして、くろめ関連商品が最近は人気だそう。
今が季節らしいですよー。
このほかにもアオサやエビ、もち麦などの雑穀、素朴で美味しいお菓子などなど、ついついほしくなる商品がならんでいます。

0298-20.jpg 


お魚も!

0298-23.jpg

スタッフの方々も気さくで、地域のお話を聞かせてくださいました。
楽しい時間が過ごせるスポットです。

***あまべの郷 関あじ関さば館***
大分県大分市大字白木949
097-575-2338
直売所10:00-17:00
レストラン11:00-16:00
(土日祝21:00頃まで)

関連記事
あまべの郷関あじ関さば館佐賀関関の海鮮丼ランチ人気お勧めやよいカフェ白木庵豊後水道

0 Comments

Add your comment