FC2ブログ

「天草宝島ライン 三角港(熊本県天草市)」白い三角錐型シンボル“海のピラミッド”

三角港のシンボル“海のピラミッド

天草を訪れるたびに見かける、三角にある白い三角錐型の建物。
気になっていた施設を見学しました!(2019.1)

天草宝島ライン

JR三角駅から徒歩5分のところにある宇城市三角港は、上天草市松島(前島)港や天草市本渡港を結ぶ“天草宝島ライン”の港の一つ。
“天草宝島ライン”は定期航路として1日5便、運行されています。
天草五橋や雲仙普賢岳、天草松島の美しい景観を眺めることができ、観光クルーズ船としても楽しむことができるそうです。

268-01.jpg




“海のピラミッド”と呼ばれる直径34m、高さ25mの円錐型の建物は、“天草宝島ライン”三角港のシンボル&待合スペースでした。
三角港にはチケット売り場がなく、船内で購入するため、“海のピラミッド”の中には乗船券の販売所的なものはなく、あくまでも“待合スペース”という名の空間です。
三角錐の建物の周りにはらせん状の通路が見えます。

268-02.jpg


入り口前に展示してあった、超小型モビリティ。
実はこれ、「うきモビ」というシステムで、期間限定で体験できるそうなんです。

体験できるのは“セグウェイ”と“超小柄モビリティ”の2種類。
セグウェイは、2019年3月10日までの土日祝日、①10時00分~②11時30分~③13時30分~④15時00分~体験できて、1,000(円/一人・20分)だそうです。
超小型モビリティ(2人乗り)は2時間まで2,000円で、利用時間は09:00-18:00。
「三角駅前うきうきレンタカー(0964-53-0566)」で 、事前予約もできるそうです。

268-03.jpg


三角錐の建物の中に入ると、外観と同じ三角錐の吹き抜け空間になっています。
1階は階段状になった中央部分がベンチに。
確かに待合室!

268-04.jpg


意外にも、内部にもらせんスロープがあって、最上部まで上がることができるようになっていました。
ところどころに屋外スロープに出る扉がついていて、屋内も屋外も好きな方を利用できます。
一気に駆け上がると目が回りそうに(°_°)

268-05.jpg


屋内のらせんスロープの一番上まで上がると、そこにも屋外に出る扉がありました。
らせんのスロープはそこまでで、三角錐の頂点まではらせん階段で残り一周です。

268-06.jpg


乗船場が見えました。

268-07.jpg


釣りをしている人もいます。
のどかですねー。

268-08.jpg


すぐお隣には、“サンサンうきっ子みすみ”というショッピングセンターがありました。
農産物、海産物、加工品などなど、地産地消の商品がところ狭しと販売されています。

268-09.jpg

268-10.jpg

268-11.jpg 

のんびり旅の途中でいかがですかー☆

***天草宝島ライン***
ウェブサイト》天草宝島ライン

関連記事
天草宝島ライン三角港三角錐シンボル海のピラミッドやよいカフェ

0 Comments

Add your comment