FC2ブログ

平成の大修理☆徳川家康を祀る世界文化遺産「日光東照宮(栃木県日光市)」

成の大修理が行われ、美しくよみがえった世界文化遺産を見に大勢の方が訪れている“日光東照宮”です。(2018.10)
素晴らしい建築物ばかりで、どこから見て回ればよいのか悩むほど。
有名な、眠り猫や鳴き竜、陽明門などなど、間近で見ると本や映像で見るのとはまた違った感動があります。

0183-01.jpg 



国道120号沿いにある“西参道第1駐車場”。
こちらに車を止めて日光東照宮参拝です。

0183-02.jpg 


駐車場の奥にあるこの階段を上がると、日光東照宮の表参道です。
便利です。

0183-03.jpg 


日光東照宮の表参道。
広くて長いです!

0183-04.jpg 


ようやく鳥居に。

0183-05.jpg 


鳥居を入った左側に、五重塔があります。

0183-07.jpg 


正面の階段を上って振り返ると、五重塔の前だけでもかなりの広さです。

0183-08.jpg 


階段をあがり表門を抜けると、通路は左に曲がります。
曲がってすぐ左手に見えるのが、“見ざる聞かざる言わざる”で知られる、日光東照宮神厩です。

0183-09.jpg 


見つけました!

0183-10.jpg 


ここから境内は右奥の方へ続きます。
素晴らしい建造物ばかりで、どこからじっくり見ればよいか悩んでしまいます。

0183-11.jpg 


この鳥居を通って、階段の上正面の陽明門へ。

0183-12.jpg 


鳥居を抜けて階段を上がったすぐ左手には、重要文化財の“附・銅燈篭”。

0183-13.jpg 

その横を入ったつきあたりには、「鳴き竜」の天井画で有名な“薬師堂”があります。
こちらでは、靴を脱いで中に入れていただけて、住職さんが“薬師堂”の説明をしてくださいます。
天井に描かれた竜の顔の下あたりで拍子木をたたくと、龍が鳴くような音が響きます。
住職さんがほかの場所でも拍子木をたたいてくださいましたが、全然泣かず。

0183-14.jpg 


こちらが、2017年平成の大修理を終え、色鮮やかによみがえった“陽明門”です。

0183-15.jpg 


全てが異なる表情を持つ美しい細工ばかりです。

0183-16.jpg 

0183-17.jpg 

0183-18.jpg 


こちらは“陽明門”の天井に描かれた竜。

0183-19.jpg 

0183-20.jpg 


門を見上げながら、たくさんの方がシャッターを押していました。

0183-21.jpg 


“陽明門”を進んだ正面にあるのが“唐門”です。
“唐門”の横から中に入って参拝することができます。
とてもたくさんの人なので、通路に並び入替制で中に案内してくださいます。
中では参拝方法などについて説明をうかがうことができます。

0183-22.jpg 


“唐門”を正面に見ながら右へ進むと、“眠り猫”。
徳川家康廟へ続く通路の上に見ることができました。

0183-23.jpg 

0183-24.jpg 


すぐ横に説明版があります。

0183-25.jpg 


そして、“眠り猫”と一緒に見たいのが“雀”です。
ちょうど、“眠り猫”とは背中合わせの位置にあります。

0183-26.jpg 


“眠り猫”を過ぎたところ、徳川家康廟にお参りする人の列です。

0183-27.jpg 


207段の階段が続きます。

0183-28.jpg 


説明版によると、この石段も東照宮の建築の見どころの一つで、一段ごとに一枚石で作られているそう。

0183-29.jpg 


冬にも滑りにくいように、表面に凹凸がつけられています。

0183-30.jpg 


こちらの石狛犬も重要文化財です。

0183-31.jpg 


奥に見えるのが徳川家康廟です。

0183-32.jpg 


ぐるりと一周まわることができます。
反対側に“叶杉”というほこらが見えます。
願い事をかなえてくれるそうです。

0183-33.jpg 


207段の階段を下って戻ります。
正面に見えるのが“眠り猫”の門。

0183-34.jpg 


人の流れが途切れる時がありません。

0183-35.jpg 

***日光東照宮***
栃木県日光市山内2301

やよいカフェ日光東照宮日光世界文化遺産平成の大修理眠り猫徳川家康陽明門唐門鳴き竜

0 Comments

Add your comment