FC2ブログ

大分県☆別府の宿「山荘 神和苑・かんなわえん」で和の空間を楽しむ!

本の伝統を感じる庭園がすてきな、大分県別府市鉄輪温泉の「神和苑」さんです。(2017.8)

0017-08.jpg


山地獄のお隣に入り口がある「神和苑」さん。
べっぷ地獄めぐりの途中で何度も前を通っていたのですが、この奥にあんなに素敵な和の空間が広がっているとは!!

0017-01.jpg


門をくぐり、少し坂を上ったところに本館の入り口があります。

0017-02.jpg


入ると正面にある絵に、さっそく驚かされます。
別府の昔の風景を描いたものです。

0017-03.jpg


落ち着いた雰囲気のロビーです。

0017-05.jpg


夜はバーラウンジになるそうです。

0017-04.jpg


こちらのロビーでウエルカムドリンクをいただきました。

0017-06.jpg


ロビーからまっすぐ伸びる通路を通ってお部屋へ。

0017-07.jpg


通路の突き当りにあるのが、レストラン「結・むすび」です。
夕食と朝食をここでいただきます。

0017-22.jpg




お庭

レストランの奥から外に出られます。
右側の黄色い板が立てかけられているところが、通ってきた長い通路です。
台風の翌日だったので、ガラス窓沿いに防護板が設置されていますが、それでも美しい日本庭園。
池の上に張られたひもは、水鳥が羽を広げたよりも少し小さめに張られていて、水の上に降りられないようになっているそうです。

0017-09.jpg


夜はこんな感じに幻想的な雰囲気です。

0017-10.jpg


能の舞台もありました。
強風対策で外してありますが、いつもはガラスが入っているとのことでした。

0017-11.jpg




離れ客室

今回は、離れの“くす”というお部屋です。

0017-12.jpg


入り口を入ると、左右にお部屋があります。

0017-13.jpg


入って左側の寝室です。
窓からの景色も気持ちがいいです。

0017-15.jpg


入って右側の和室です。

0017-14.jpg


お茶とお茶菓子も素敵。

0017-18.jpg

0017-19.jpg


そして、入り口正面の突き当りに洗面所が。
陶器の洗面台が2つです。

0017-20.jpg


そこからお部屋の温泉へ続きます。
内湯も露天もかけ流し☆

0017-16.jpg


いつでも好きな時に入れるのがうれしいですねー(^▽^)

0017-17.jpg


露天の上からのぞくと別府の街並みも見渡すことができました。

0017-21.jpg




大浴場

本館2階には大浴場もあります。
すごく広くて気持ちがいいのでこちらもお勧め。

0017-37.jpg




夕食
気持ちのいい空間で、地元産の食材や季節のお料理などの懐石料理をいただきました。
苦手な食材などにも丁寧に対応してくださいました。


先付三種
白瓜雷干し 取貝辛子和え 芋落し キャビア 穴子八幡巻き 酢取茗荷

0017-23.jpg


御吸物
清まし仕立て 鱧葛打ち 鮑冬瓜 梅肉柚子

0017-24.jpg


向付
佐賀関産 旬の潮三種盛り 一式

0017-25.jpg


煮物
鮎麺 錦糸玉子 スナップ豆 木の芽

0017-27.jpg


油物
城下鰈姿唐揚げ あしらい一式

0017-26.jpg


蒸し物
地獄蒸し 和牛薄切り 季節の野菜 胡麻ポン酢

0017-28.jpg


御食事
合鴨農法米ミルキークイーン

留椀
季節の椀種

香の物
自家製三種盛り

0017-29.jpg


水物
創作デザート

0017-30.jpg



子供用プレート(姪甥と一緒に宿泊しました)です。
スープとデザートもついています。
子供たちの食事が終わっても、大人が最後までゆっくりお食事できるようにスタッフの方が塗り絵セットを持ってきてくださいました。
かわいい色鉛筆セットはそのままプレゼントしてくれて、塗り絵を楽しんでいました。

0017-31.jpg

0017-32.jpg

0017-33.jpg




朝食

朝食は引き出しにセットされていました。
ワクワクしますね。

0017-34.jpg


朝食の全様です。

0017-35.jpg


こちらがお子様用。

0017-36.jpg

***山荘 神和苑***
大分県別府市鉄輪345番


ファミリー旅行応援プラン]
大人1人(20,520円/一人)に子供1人無料のプランでした。
子供も大人も心休まるように、丁寧に対応していただきありがとうございました!


0 Comments

Add your comment