FC2ブログ

「元祖瓦そば たかせ(山口県下関市)」川棚温泉名物瓦そば発祥の店!名物うなめしとセットで味わう

1351-01.jpg


山口県下関市。
瓦そば発祥のお店“元祖瓦そば たかせ”さんへ。(2023.3)
瓦の上で茶そばを焼いた、川棚温泉の名物料理
もみじおろしを入れた温かいおつゆに、カリッと焼かれた茶そばを入れて、しんなりしたところを味わうのが好きです。
たかせさんのもう一つの名物「うなめし」とセットで楽しみました~。





01| アクセスMAP


元祖瓦そば たかせさんは、小月ICからおよそ16.8㎞、車で21分ほどのところにあります。
JR川棚温泉駅からは、2㎞ほど





02| 「元祖瓦そば たかせ」はこんなところ


元祖瓦そば たかせさんは川棚温泉に3店舗あって、今回うかがったのは築100年の建物を改装した本館です。

1351-02.jpg



| 中庭のある本館は築100年の和建築


こちらが、元祖瓦そば たかせさんの本館です。

1351-03.jpg


入り口前の屋根がある通路には長椅子が並べてあって、入店待ちの方が座れる空間になっていました。
急に思い立ってうかがった時には閉店時間の14:30ぎりぎりだったので、入店待ちをされている方はいらっしゃいませんでしたが店内ではまだお食事されている方がたくさんいらっしゃいました。

1351-04.jpg


暖簾がかかった入口。
入口の奥には中庭があって、池の中で鯉が泳いでいました。

1351-05.jpg

1351-06.jpg



| 和室のお食事処が並ぶ店内


玄関で靴を脱いで下駄箱へ。
スタッフの方の案内で、色紙が飾ってある廊下を進んでお席へ向かいました。

1351-07.jpg

1351-08.jpg


建物内にある和室には、テーブルや座卓が並べてありました。

1351-09.jpg

1351-10.jpg


「こちらのお席にどうぞ」と案内していただいたお席へ。

1351-11.jpg



スポンサーリンク




03| 「元祖瓦そば たかせ」のお品書き


こちらがお品書きです。
先ずは、二大名物の元祖瓦そばうなぎ
2人で両方楽しめるセットメニューや、名物のいただき方の説明もあります。

1351-16.jpg

1351-15.jpg


一品料理ドリンクです。

1351-14.jpg

1351-13.jpg


会席料理もありました。

1351-12.jpg


グランドメニューとはべつに、人気メニューの紹介も。

1351-17.jpg

1351-18.jpg




04| 二大名物が楽しめる一番人気メニュー


2人でいただく“瓦そば2人前(2,640円税込)+うなめし(2,420円税込)”をオーダー。
瓦そばの2人前と、うなめしの通常サイズがセットで楽しめる一番人気のメニューです。

1351-01.jpg



| 瓦そば2人前


注文からしばらくして、熱々に焼かれた瓦の上で、ジューッと音を立てて、湯気をまとった瓦そばが登場です。
西南の役のとき、兵士たちが瓦で野草や肉などを焼いて食べたという話をヒントに、1962年に「元祖瓦そば たかせ」さんで生まれたメニューなのだそうです。
川棚温泉の名物は、今では山口県の郷土料理として愛されて、家庭ではホットプレートやフライパンなどで作られています。

1351-20.jpg


茶そばに、牛肉、錦糸卵、海苔、もみじおろし、レモンがトッピングされていて。
もみじおろしとレモンは温かいおつゆの中へ。
ちょっと甘めのおつゆが、ピリッと締まった味わいになります。
パリッと焼かれたお蕎麦が、おつゆにつけてしんなりとなったところをいただくのが美味しいです!!

1351-19.jpg


おつゆが足りなくなったら、テーブルの上のポットで追加もできました。

1351-27.jpg



| うなめし


こちらは、もう一つの名物うなめし
薬味とお出汁が添えられています。

1351-23.jpg


蓋を開けると、きれいに並べられたうなぎが!
ひつまぶしの感じですねー。

1351-24.jpg


ご飯茶碗で、いろいろな薬味で味わって、お出汁をかけて味わって。
美味しく完食です!
メチャメチャお腹いっぱいになりました~。

1351-25.jpg



*information
元祖瓦そば たかせ 川棚本館
山口県下関市豊浦町大字川棚5437
0837-72-2680
11:00-15:00(LO14:30)
土日祝のみ営業


関連記事

スポンサーリンク

元祖瓦そばたかせ山口下関やよいカフェ川棚温泉のおすすめグルメ瓦そば発祥の店山口グルメ下関グルメうなめし

0 Comments

Add your comment