FC2ブログ

熊本☆人吉温泉「いわくらの杜 石庭」全4室の隠れ家的温泉宿!球磨川ビューと美味しい朝食

1316-01.jpg


熊本県人吉市。
球磨川のパノラマビューが楽しめる「いわくらの杜 石庭」さんに宿泊。(2024.3)
2023年にリニューアルされた、全4室の隠れ家的温泉旅館です。
楽しみにしていた「心と体の浄化」がコンセプトの朝食は、すごく美味しかったです。
スタッフの方が、夕食のお店まで車で送ってくださったり、人吉の町のことを教えてくださったりと、素敵な滞在でした!






01| アクセスMAP


いわくらの杜 石庭さんは、人吉ICからおよそ3㎞、車で8分ほどのところにあります。





02| 球磨川一望の立地


石庭さんに向かう途中、菜の花が咲く道を歩いていると。
地元の方が「どこに行くんですか~」と話しかけてくれて、「この道を進んで左に曲がったところですよ」と教えてくださいました。

1316-02.jpg


「いわくらの杜」と書かれた敷地の入口から坂を上がって行くと、桜の木の下に足湯がありました。

1316-03.jpg


宿泊する建物は、足湯があるお庭から更にスロープと階段を上ったところに入り口があります。

1316-04.jpg


石の階段を上ったところ。
建物の2階の端が、いわくらの杜 石庭さんのエントランスです。

1316-05.jpg


中に入ったところは、球磨川のパノラマ景観が楽しめるロビでした。

1316-06.jpg

1316-07.jpg


靴を脱いで上がると、広い和室に案内してくださいました。
こちらのお部屋でチェックイン手続きです。

1316-08.jpg


温かいお茶をいただきました~。

1316-09.jpg



スポンサーリンク




03| 球磨川ビューの和洋室「音」


石亭さんには、客室温泉のあるお部屋が1部屋、温泉なしのお部屋が3部屋あります。
4室全てのお部屋が球磨川ビュー
今回予約したのは「音」という客室温泉のない和洋室です。
階段を下って、客室が並ぶ下の階へ案内してくださいました。

1316-10.jpg

1316-11.jpg


ツインベッドが置かれていて、木の温もりを感じる、明るいお部屋です。
広さは14-16畳と、ゆったり空間。

1316-12.jpg


反対側から見るとこんな感じです。

1316-13.jpg


ベッドの枕元にも窓があって。
障子を開けると、上がってくる途中にあった足湯や、球磨川が見える気持ちが良い眺め。
ベッドの足元近くには姿見もあって便利です。

1316-14.jpg

1316-17.jpg


ベッドの上には、作務衣が置いてありました。
滞在中、快適に過ごせました!

1316-15.jpg


枕元には時計と、コンセントと、照明のスイッチ。
フリーWi-Fiはありましたが、USBジャックは見当たらなかったので、必要な方は持って行った方が良いかもです

1316-16.jpg


入口そばには、クローゼットコーナーがありました。

1316-18.jpg


棚の上には、タオルが入った温泉バッグと、お水のペットボトルが。
冷蔵庫の中は空で、自由に利用できました。

1316-19.jpg


冷蔵庫のお隣の扉を開くと、上段はコーヒー&日本茶がいただけるお茶コーナーでした。
下段には使い捨てのスリッパと足袋ソックス
金庫もありました。

1316-20.jpg


和洋室のお部屋の、和の空間
大きなテレビや椅子も置かれていて、畳でのんびりも過ごせるし、椅子に座って外の景色を眺めたりもできて、かなり快適!!

1316-21.jpg


テーブルには、「ひとよし物語」と書かれたお茶菓子がありました。
焼き芋風味のクッキーです。

1316-22.jpg


窓の外には、ソメイヨシノが開花していました。
もう少ししたらめちゃめちゃ綺麗でしょうねー。
敷地内にはいろいろな種類の桜が植えられていて、3月中旬のこのタイミングで、すでに咲き終わった種類もあるとのことでした。

1316-24.jpg


ちなみに、明け方の風景は。
霧が発生していて、ちょっぴり幻想的な雰囲気も楽しめました。

1316-25.jpg


お部屋の入口の横に洗面所とお手洗いがありました。

1316-26.jpg


鏡の裏側には、アメニティグッズとドライヤーが置いてあります。
アメニティグッズは、歯ブラシ、コットン&ゴム&綿棒、ヘアブラシ、かみそり、スキンケアセット

1316-27.jpg




04| 敷地内の施設


| 共用室


お部屋のあるフロア。
廊下のお隣に「共用室」と書かれた空間があって、スタッフの方が案内してくださいました。

1316-28.jpg


07:00から22:00まで、宿泊者が自由に利用できる空間。
石庭さんでは夕食の提供をされていないので、お食事などを持ち込んだ宿泊者が困らないように、電子レンジ、IHコンロ、お鍋などを用意してくださっていました
持ち込んだお料理を温めたりできるほか、紙皿やトレーなども準備してくださっているのでありがたいです。

1316-29.jpg


冷凍庫には、ジップロックに小分けにした氷も!

1316-30.jpg



| 男女別大浴場


石亭さんには、宿泊棟の外に男女別の「大浴場」があります。
女湯大きな岩風呂が2段に分かれてつくられていて、半露天のイメージでした。
湧出量が毎分132リットルの源泉かけ流しのお湯は、男湯は3時間で、女湯は1.5時間で入れ替わるほど湯量豊富
毎日完全にお湯を抜いて清掃されているというので驚きです。
洗い場も数か所につくられていて、快適です。
立ち寄り湯もされていて、平日のこの日も5人くらいのガールズグループが利用されていました。
週末には他県から入浴に来られる方も多いのだそうです。

1316-31.jpg



| 貸切風呂


客室があるフロアの廊下の端に「貸切風呂」がありました。
入口の札が「空いています」となっていたら、「入浴中」に裏返して自由に利用できます。
宿泊したお部屋からは数歩の距離なので、お部屋に温泉がなくてもかなり便利に貸切温泉を利用できます

1316-32.jpg


岩山につくられた建物なので、脱衣所には大きな岩が自然のままの状態でありました。

1316-33.jpg


源泉かけ流しのお湯は、およそ30分で入れ替わるそう。
泉質はナトリウム 炭酸水素塩 硫酸塩 塩化物温泉と書いてありました。
石亭さんの温泉のpHは7.9と、弱アルカリ性。
お湯に浸かると、お肌にぬるっとまとわりつく感じで。
あ〜気持ちがいぃ〜。

1316-35.jpg


浴室の扉の両側にシャワーがあって、すごく便利です。

1316-36.jpg


シャンプーなどなど。

1316-37.jpg




05| 「心と体の浄化」がコンセプトの朝食


朝食は、07:30、08:00、08:30のうち、好きな時間にスタートできて、チェックインの際にお伝えするシステムでした。
翌日のスケジュールにゆとりがあったので、08:00からを選択。
時間になって、ロビーの階にあるお食事処に向かうと、「こちらにどうぞ」と個室に案内してくださいました
素敵なお部屋〜。

1316-39.jpg


石庭さんの宿泊ですっごく楽しみにしていたことの一つが、人気の朝食。
「心と体の浄化」をコンセプトにされているのだそうです。
温かいご飯とお味噌汁を運んでくださって、お食事スタート。

1316-40.jpg


ご飯はお櫃で持ってきてくださるので、おかわり自由。
もっちもちでオイシイです。

1316-41.jpg

1316-42.jpg


お味噌汁はトロットロのなめこがたくさん入っていて、お大根と三つ葉の組み合わせ。

1316-43.jpg


球磨産のお豆腐を使った豆乳鍋
ほんのり甘い、サラッとしたゴマダレでいただきます。
美味し〜ぃ。
地域の名産「きくらげ」も入っていて、絶品です。

1316-44.jpg


焼き魚
めちゃめちゃ脂が乗っていてジューシー。
焼き加減もちょうどいいです。

1316-45.jpg


海苔と納豆もあって、ご飯のお供が充実。

1316-47.jpg


おかずたち
細かくカットされためかぶはとってもいただきやすいし。
大好きなきくらげしらすもあるし、ちりめん山椒も絶品。
ごま豆腐はおかわりしたい感じです。
温泉卵は、とろっと黄味が流れ出る感じではなく、ねっとりとろみがある状態で、柔らかすぎず美味しいっ。
そのままご飯にかけても絶対美味しいと思います。
いちごがのったデザートは、ヨーグルトでした。
マーマレードがかけてあって、さっぱり。
どれも美味しすぎて、ご飯が進みすぎます。
メチャメチャお腹いっぱいになりました。

1316-46.jpg


食後には、嬉しいコーヒーが!
お部屋でまったりいただきました。

1316-48.jpg


Rakutenサイト▶いわくらの杜石庭

【じゃらんで予約】
《朝食付プラン》お一人様!平日限定・お得プラン!!おいしい田舎ごはんをどうぞ♪
【音】和洋室14-16畳 ツインベッド 球磨川ビュー

ポイントを使ってお得に予約!
一人あたり10,070円
[ポイント]5,000+10,070=15,070[円/一人・朝]税込


いわくらの杜 石庭
熊本県人吉市矢黒町1970−5
0966-22-3637
ウェブサイト》いわくらの杜 石庭


関連記事

スポンサーリンク

いわくらの杜石庭熊本人吉温泉やよいカフェ熊本観光人吉のおすすめ旅館人吉のおすすめスポット人吉観光人吉温泉の立ち寄り湯

0 Comments

Add your comment