FC2ブログ

大分☆別府温泉「御宿 野乃別府」至福の朝食!九州初進出のドーミーイン和風プレミアムホテル

1297-01.jpg


大分県別府宿泊のドライブ旅。
2023年10月にオープンした“御宿 野乃別府”さんに宿泊。(2024.1)
全国に13あるドーミーインさんの和風プレミアムホテルの一つで九州初進出
「駅前の和風ビジネスホテル」がコンセプトの御宿野乃さんは嬉しいサービスも満載で、温泉や人気の朝食ビュッフェを楽しみました。






01| 御宿 野乃別府はこんなところ


別府八湯で知られる温泉処、JR別府駅
駅前の広場には、足湯ならぬ手湯があって、別府観光の生みの親と言われている油屋熊八氏の像が設置してあります
油屋熊八氏は、耳にしたことがある「山は富士、海は瀬戸内、湯は別府」を考案した方なのだそうです。

1297-02.jpg


御宿 野乃別府さんがあるのは、JR別府駅のすぐ目の前
レトロオシャレな街灯が立ち並ぶ別府駅前通りをまっすぐにおよそ90m、歩いて1分ほどのところです。

1297-05.jpg


陽が沈むと、前面道路の街路樹にイルミネーションが点灯して、こんな感じに。
夕方の散策も楽しめます。

1297-06.jpg


周辺には「駅前高等温泉」の大正ロマンを感じるレトロな建物や、「べっぷ駅市場」の味わいあるまちなみもある、魅力的なスポットです。

1297-04.jpg

1297-03.jpg


こちらが「野乃別府」さんのエントランス
和風旅館の佇まいで、入ってすぐのところには池もありました。

1297-08.jpg


自動扉が開くと、突き当りのフロントにむかって畳の廊下が伸びる…というより畳の空間が広がっていました。

1297-11.jpg


先ずは、入ってすぐ右側にある「下足処」と書かれた暖簾の奥へ。
靴を脱いで、鍵がかかる下駄箱に収納します。

1297-12.jpg


畳敷きの廊下をフロントに向かいます。
大分の産業「竹細工」を取り入れた和モダンな空間

1297-13.jpg

1297-14.jpg


チェックイン手続を行って、カードキーを受け取りました。
おおいた旅得キャンペーンを利用するプランで予約したので、1名あたり3,000円の電子クーポンをいただきました
宿泊料金には使用できませんが、加盟店でお土産購入や飲食などのお支払いに使うことができます。
チェックイン時にいただけるので、ちょっと贅沢な旅先での夕食など使い道はいろいろ。
電子クーポンなので、円単位で使用できて便利です。

1297-15.jpg

1297-100.jpg


フロント前に設置してあるコーヒーマシーンは、滞在中自由に利用OKです。
嬉しいサービス。

1297-104.jpg



| アクセスMAP


アクセスマップはこちら。




| 駐車場


自家用車利用の時は、敷地の中にタワー式立体駐車場があります。
102台まで先着順で利用できて、宿泊料金と別に一泊800円が必要です。
ちなみに、長さ5,300㎜ 高さ2,050㎜、全幅2,000㎜までなどの規格なので事前にチェックです。

1297-101.jpg




02| ツインルーム(305号室)


今回予約したのは、禁煙のツインルーム
広さは21平米です。
エレベーターで3階へ上がり、廊下を進んで305号室に向かいました。

1297-18.jpg


扉を開くと廊下の右側に洗面所とシャワーブース左側にお手洗いがありました。

1297-20.jpg


突き当りが、サータ社製のベッドが2台並ぶベッドルームです。

1297-29.jpg


大きなテレビ台の上には、43型のテレビが設置してありました。

1297-33.jpg


お隣にはお茶セット

1297-34.jpg


テレビ台の下の冷蔵庫の中に入っている、お水のペットボトルと洋梨デザートはウエルカムサービスで、自由に頂いてOKです。

1297-35.jpg


セイフティーボックスポットも用意されていました。

1297-36.jpg


ベッドの枕元には、時計や照明のスイッチ、USBジャック、コンセントなどがあって便利。
もちろんWi-Fiも使えます。

1297-37.jpg


テーブルの前に設置されている椅子は、畳を使った和風のベンチ。
お隣に、扉はありませんがクローゼットコーナーがありました。
館内どこでも利用OKのおしゃれな作務衣が置いてあるので、滞在中はこちらを着用してくつろげます。
コンパクトで使いやすいお部屋です。

1297-30.jpg

1297-32.jpg


今回宿泊したのはこちら
↓↓↓楽天トラベル↓↓↓

廊下にある洗面所へ。

1297-21.jpg


明るい木目調の洗面台には、ハンドソープとドライヤーが置いてありました。
「御宿 野乃」と刺繍が入ったタオルが掛けてあります。

1297-22.jpg

1297-24.jpg

1297-23.jpg


引き出しを開けるとアメニティグッズ

1297-25.jpg


洗面台の下には、温泉に移動するときに持ち運べる温泉籠が置いてあって。
中にはバスタオル、フェイスタオル、足袋ソックスが入っていました。

1297-26.jpg


洗面台の向かい側には、シャワーブースがあります。
バスルームはありませんが、お部屋にシャワーブースがあると何かと便利。
ベンチやレインシャワーも付いていて、使い勝手がよさそうです。

1297-27.jpg


こちらは、シャンプーなどなど

1297-28.jpg



スポンサーリンク




03| 館内の施設&サービス


| 大浴場


大浴場があるのは、最上階の13階。
男女別で、15:00から翌10:00まで利用できます。
それぞれ、内風呂(天然温泉)、壺風呂、露天風呂、高温サウナ(セルフロウリュ)、水風呂があって、仕切りのある広めの洗い場も快適です。
ドーミーインさんの大浴場では、温泉はもちろんですが、テレビもあってゆっくり過ごせるサウナがお気に入りです。
ちなみに、サウナは01:00から05:00までは利用停止なので注意です。

1297-38.jpg



| 貸切風呂


貸切風呂は、内湯が2つ、露天が5つの合計7個所
開いていたら自由に利用できて、45分程度で譲り合スシステムです。
それぞれの貸切風呂には、鉄輪、明礬、柴石、浜脇、堀田、亀川、観海寺と、別府八湯の温泉地の名前が付けられていました。

1297-40.jpg


エレベーターホールのそばの壁にある表示板で、貸切風呂の名前の下がオレンジに点灯している貸切風呂は利用中、点灯していないところは空いているので、利用状況もわかりやすいです。

1297-39.jpg


貸切風呂が並ぶ通路には入口扉そばに温泉の名前が書かれていて、中に入って鍵をかけると「湯浴み中」の文字も点灯します。

1297-41.jpg


先ずは、偶然空いていた「亀川温泉」へ。
浴室は天井のない露天風呂で、壁には別府湾や砂湯などの絵が描かれていました
シャワーも設置されていて、湯船も数人で入れるくらいの広さ。

1297-42.jpg


次に入ったのは、「明礬温泉」
湯の華小屋を模した造りの内湯で、お湯はシルキー
窓からは、別府のまちなみを見渡すこともできました。

1297-46.jpg

1297-48.jpg


こちらは日没後の「観海寺温泉」
ライトアップされた露天風呂で、別府湾の方角に開口部があるので、夜景が見渡せました。

1297-49.jpg

1297-51.jpg


こちらは「柴石温泉」です。
露天の貸切風呂です。

1297-52.jpg


内湯の「鉄輪温泉」ものぞいてみました。
開口部のひょうたんのデザインが、鉄輪のイメージですね~。

1297-55.jpg



| 湯あがり処


大浴場や貸切風呂がある13階には、湯上りにゆっくりできる「湯あがり処」があります。
自由に利用できるスペースで、最上階ということもあり窓からは別府のまちなみが一望できます。
高崎山や、別府湾の向こう側には大分市街地も見えます。

1297-57.jpg


少し左に目を向けると、別府タワー

1297-64.jpg


夜景も綺麗です。

1297-66.jpg

1297-99.jpg


マンガコーナーもあります。
思わず手に取りたくなるラインナップなので、チェックインしてからゆっくり楽しみたいです。

1297-58.jpg


湯上り処では、湯上りサービスでアイス乳酸菌飲料を自由にいただくことができます。
アイスは15:00から25:00まで、乳酸菌飲料は05:00から10:00まで提供!
嬉しいですねー。
何度も入浴するうちに一通り味わいましたが、私のお気に入りNO1はカルピス、NO2はサイダーです。

1297-60.jpg

1297-61.jpg


こちらはマッサージコーナー

1297-63.jpg



| 夜鳴きそば


22:00から23:00まで、1階のレストランで夜鳴きそばのサービスがあります。
ドーミーインさんではおなじみ!
22:00少し前にレストランに到着すると、すでに数組の方が開店を待たれていました。

1297-73.jpg


中に入ると、列に並んで順番に厨房のカウンターまで進みます。
目の前で夜鳴きそばを作ってお盆に乗せてくださいました。

1297-68.jpg


夜鳴きそばを受け取ったら、お食事処の好きなお席へ。

1297-69.jpg

1297-70.jpg


夜鳴きそばはハーフサイズのラーメンで、あっさりしたしょうゆ味のスープが特徴。
家で過ごすとき、この時間にあまり重たいものをいただくことはありませんが、旅先では楽しみのひとつなんですよねー。

1297-71.jpg


アオサやメンマもたっぷりトッピングされている本格的醤油ラーメン。
美味しく完食です!

1297-103.jpg


今回宿泊したのはこちら
↓↓↓楽天トラベル↓↓↓



04| 朝食


野乃別府さんへの宿泊を決めた理由第1位が、朝食!
豪華オリジナル海鮮丼が作れる海鮮舟盛りや、やせうま、中津風唐揚げ、日田やきそば、だんご汁などなど、ご当地グルメも楽しめる80品以上の和洋バイキングなのです。
朝食時間は06:30から09:30まで。
最終入店時間は09:00なので、それまでの好きな時間に1階のお食事処でいただきます。

1297-74.jpg


楽しみ過ぎて、朝食開始時間の06:30に到着!
早起き頑張りました。
スタッフの方が、空いているお席に案内してくださって、バイキングスタイルの朝食スタートです。

1297-75.jpg


めちゃめちゃ楽しみにしていた、海鮮船盛コーナー
まぐろ、いくら、しらす、えび、りゅうきゅう!!

1297-76.jpg

1297-78.jpg


こちらのマシーンは、海鮮船盛コーナーのお魚たちを海鮮丼に仕上げるのに必要なご飯です。
器をセットして、小盛50g、中盛100g、大盛150gのボタンを押すと、ストンとご飯が落ちてくる優れモノ。
それでいて、ふんわり盛り付けられるから、不思議~。
しかも、酢飯と白米からお好みで選べるのも嬉しいです。

1297-89.jpg


サラダコーナー
チーズの種類もいろいろあって、選べるのが楽しいっ。

1297-81.jpg


こちらは、ライブキッチンです。
ドーミーインさんといえば、出来たての卵料理とご当地逸品料理。
野乃別府さんでは、チーズと明太子入りオムレツ、日田焼きそば、ねぎ焼きがラインナップしていました。

1297-84.jpg


味めぐり小鉢横丁は、一口分ずつ小鉢に取り分けられたお料理が並ぶコーナーです。
小鉢をとるだけなので、簡単!

1297-86.jpg


パンコーナー
ホテル朝食のぱんはやっぱり味わいたいですよね~。

1297-87.jpg


汁物コーナー
こちらにも、ご当地グルメを発見です。
だんご汁は気になりますが、浅利の味噌汁も捨てがたい…、ミネストローネもあるけど…。

1297-88.jpg


果物とスイーツ

1297-82.jpg


その他のお料理も品ぞろえ豊富。

1297-85.jpg

1297-83.jpg

1297-79.jpg

1297-80.jpg


ドリンクコーナー
ドリンクは、選ぶのに迷いすぎるくらい種類が豊富です。

1297-90.jpg


厳選したお料理たちがこちら!!!
海鮮丼とご当地グルメを中心に、ライブキッチンのお料理も
全種類制覇するには、連泊が必要な気がします。

1297-91.jpg


浅利の味噌汁
お出汁が美味しすぎて何杯でもいただけそう。
後悔無しの一品です!

1297-92.jpg


海鮮丼!
小盛りの酢飯にたっぷりと盛り付けた海鮮に、とろろをトッピング。
この味わい、連泊しても絶対飽きない気がします。

1297-94.jpg


名物りゅうきゅうも。
幸せな朝食です。

1297-93.jpg


ライブキッチンから、オムレツ
とろけるチーズの塩気と、程よいバランスの明太子。
これめちゃめちゃ美味しい~。

1297-96.jpg


日田焼きそばも、ぜひぜひいただきたいですよねー。

1297-95.jpg


おかずたちです。
どれも美味しく完食です。

1297-97.jpg


お代わりにチョイスしたのは。
スマートに、コーヒーとチョコデニッシュ。

1297-98.jpg



【じゃらんで予約】
【おおいた旅割クーポン付】温泉県に湯に!湯こ!おおいた旅得キャンベーン対象プラン〈朝食付〉
◆禁煙◆ツインルーム21平米◆サータ社製ベッド

クーポンやポイントを使ってお得に予約!
一人あたり10,800円
[【全店対象♪】2万円以上で利用できるクーポン]2,000+21,600=23,600[円/二人・朝]税込


別府八湯 御宿 野乃別府
(ドーミーイン・御宿野乃グループ)

大分県別府市駅前本町2番6号
0977-21-5489
ウェブサイト》別府八湯 御宿 野乃別府


関連記事

スポンサーリンク

野乃別府ドーミーイン大分別府やよいカフェ大分観光別府のおすすめ旅館別府観光別府のおすすめスポット別府温泉

0 Comments

Add your comment