FC2ブログ

「大魚神社の海中鳥居(佐賀県太良町)」海中で映える鳥居は潮位とともに魅力も遷移

1264-01.jpg


佐賀県太良市。
以前から訪れてみたかった、“大魚(おおうお)神社の海中鳥居”へ。(2023.11)
名前のとおり、3基の大漁神社の鳥居が海中に佇む光景が楽しめるスポットです。
干満の差が最大6mの有明海では、様々なシチュエーションで映える鳥居の撮影が楽しめるのが魅力
今回は、干潮時と満潮時の景色を満喫です。

旅MEMO ~佐賀県ドライブ旅~
会社の友達と3人で久しぶりに女子ドライブ旅へ。
嬉野、波佐見、太良、呼子で、季節の美味しいものを食べまくってリフレッシュ。
グルメ三昧の秋旅行です。





01| アクセスMAP


大魚神社の海中鳥居は、道の駅 太良から国道207号を南に2.2㎞、車で4分ほどのところにあります。





02| 海中鳥居はこんなところ


太良町は、有明海の海中に3基の鳥居が並ぶ光景を楽しむことができるスポット。
大魚神社の鳥居で、沖ノ島との間に建てられているのだそうです。
1693年頃に、島に置き去りにされた代官が大魚(ナミノウオ)に救われて、「大魚神社」と「海中鳥居」を建てたと伝えられているとのこと。
300年以上たって、観光客が集まる人気の撮影スポットになっているのが、当時を想うとなんだか不思議ですよねー。

1264-07.jpg



スポンサーリンク




03| 干潮時に歩いていける鳥居


有明海は干満の差が最大で6mあって、干潮時には遠くまで干潟が広がります。
地元では「ガタ」と呼ばれているのだそうです。
旅の1日目。
有明海の干潮時刻は14:00頃で、訪れた16:20もまだ鳥居のあたりは歩いて巡ることができるくらいの引き潮でした

1264-02.jpg


私たち以外にも鳥居の見学に来られている観光客の方が数組。
皆さんいろんな角度から撮影を楽しまれていました。

1264-05.jpg


鳥居の先には沖ノ島があるのだそう。

1264-03.jpg


干潮時の鳥居だけでなく、潮が満ちているときの鳥居の姿や、夕日の時間の風景など、いろいろなシチュエーションで鑑賞したいスポットだと思いました~。

1264-06.jpg




04| 満潮時の鳥居も神秘的


旅の2日目。
海水の中に建つ鳥居の風景も見てみたくて、09:33に訪れました。
この日の満潮時刻は09:00頃。
満潮を少し過ぎたくらいの時間で、遠くから見える鳥居が海の中に佇んでいました。

1264-10.jpg


海中に並ぶ鳥居。
鳥居まで近づくことはできませんでしたが、護岸の下に降りることはできて。
白い貝殻が堆積している干潟の端から、鳥居の撮影です。

1264-18.jpg


低い位置からあおって撮影すると、鳥居の中に奥の鳥居が続いているような写真がとれました。

1264-12.jpg


海面には波もほとんどなくて、空と海の一面ブルーの世界に赤い鳥居が並ぶ様子は、とってもきれいで神秘的でした。
次は、夕日のきれいな時に!!

1264-16.jpg


思い出に。
堆積している貝殻の地面に作った、旅館で食べた竹崎カニの影!

1264-20.jpg


大魚神社の海中鳥居
佐賀県藤津郡太良町多良1874-9地内
【車両乗入禁止期間】
海苔漁期:3月下旬-4月上旬、9月中旬-10月中旬
イベント開催時:8月灯篭など


関連記事

スポンサーリンク

大魚神社の海中鳥居海中道路佐賀太良やよいカフェ佐賀観光太良のおすすめスポット竹崎ガニ太良の映えスポット佐賀ドライブ

0 Comments

Add your comment