FC2ブログ

「マルキン醤油記念館(香川県小豆島)」しょうゆソフトクリームを味わう!

1250-01.jpg


香川県、紅葉が楽しめる時期の小豆島。
ドライブ旅の途中、“マルキン醬油記念館”へ。(2023.11)
お目当ては人気の「しょうゆソフトクリーム」です。
たくさんの方がショッピングと併せて、ソフトクリームを楽しんでいました~。

旅MEMO ~中国地方ドライブ旅~
中国地方の高速道路が定額で乗り放題になる「ぶらり中国ドライブパス」を利用して、尾道(広島)、牛窓(岡山)、小豆島(香川)を、2泊3日で旅しました。
地域の魅力をのんびり満喫する、走行距離911㎞のドライブ旅です。





01| アクセスMAP


マルキン醬油記念館さんは、小豆島の土庄港からおよそ16㎞、車で30分ほどのところにあります。





02| 丸金醤油はこんなところ


県道28号線沿い。
空洞ブロックが積まれた壁に、「マルキン醬油」の文字が書かれた場所を発見。
この壁と、道路を挟んだ向かい側に、「マルキン醬油記念館」がありました。

1250-03.jpg



| 記念館


マルキン醬油記念館は、丸金醤油さんの創業80周年を記念して1987年に造られた施設。
大正初期に建てられた工場のひとつを改装されたのだそうです。
今回は見学する時間がありませんでしたが、醤油造りの歴史と製造方法などが紹介されているとのこと。
入館料は、大人(中学生以上)400円、子供(小学生)200円、幼児は無料です。

1250-04.jpg



| もろみ搾り工場


記念館の奥にある建物の階段をたくさんの方が上っているのが見えて、思わず行ってみました。
こちらの建物は「もろみ搾り工場」で、見学自由とのこと。
開放時間は、09:00から16:00まで。
撮影はNGですが、工場が稼働しているときはもろみ搾りの様子が見学できる施設でした。

1250-05.jpg



スポンサーリンク




03| 物産館


敷地内にあるこちらの建物が「物産館」
限定商品などもあるそうで、で楽しみです。

1250-06.jpg


天井の高い店内には、お醤油の関連商品が所狭しと並んでいました。

1250-07.jpg

1250-08.jpg


色々な種類があって、どんなお味なのかが気になるなぁ~と思っていたら。
「おしょうゆ お味見コーナー」を発見!
「生しょうゆ」のほかに、「だししょうゆ」「かき醤油」など数種類を試食することができました。
それぞれの特徴も書いてあるので、楽しくお買い物ができます。

1250-09.jpg



| 醤油ソフトクリーム


ここを訪れたお目当ては、“醬油ソフトクリーム(300円税込)”
物産館のレジカウンターで注文することができました。

1250-13.jpg


しょうゆソフトクリームは、天然醸造蔵の木桶で仕込んだ「生しょうゆ」を使用したソフトクリームなのだそうです。
キャラメルに似た独特の風味が人気とうかがって、どんなお味なのか気になります。

1250-15.jpg


チョコレートソフトクリームを思い浮かべるような、お醤油色のソフトクリーム
甘さ控えめで、さっぱり美味しいソフトクリームでした。

1250-16.jpg


マルキン醤油記念館
香川県小豆郡小豆島町苗羽甲1850
0879-82-0047
09:00-16:00
(7/20-8/31、10/16-11/30は16:30まで)
不定休
ウェブサイト》マルキン醤油記念館


関連記事

スポンサーリンク

マルキン醬油記念館しょうゆソフトクリーム香川小豆島やよいカフェ小豆島のおすすめスポット小豆島観光香川観光小豆島グルメからかい上手の高木さん

0 Comments

Add your comment