FC2ブログ

暑い日にオススメ☆日本三大カルスト平尾台のひんやり「千仏鍾乳洞(北九州市小倉南区)」

九州市小倉南区平尾台にある国の天然記念物「千仏鍾乳洞」です。(2018.8)
年間を通じて気温が16度、水温は14度と一定なので、夏の“暑い日”のお出かけにぴったり、大自然の穴場スポットです。
石灰岩でできた石灰洞の神秘的な空間。
なのですが、ただ自然の造形美を観賞するというよりも、駐車場から鍾乳洞入り口までの山道、そして水が流れる複雑な形状の鍾乳洞の中は、アクティビティと言えるかもです。

0114-01.jpg 


日本三大カルストの一つ“平尾台”。
平尾台の大地にある石灰岩の露出を“ピナクル”といいます。
たくさんのピナクルは羊の群れのように見えるので“羊群原”(ようぐんばる)と呼ばれ、天然記念物「千仏鍾乳洞」へは、この“羊郡原”をぬけていきます。
ここから950m。

0114-02.jpg 


駐車場に到着したら、鍾乳洞へは200mほどの山道を下っていきます。
途中振り返ってみるとすいぶん下ってきたような…。

0114-03.jpg 


この看板が見えたら、ゴールはすぐそこです。

0114-04.jpg 


坂道を下り切ると、“せんぶつ茶屋”が見えます。

0114-05.jpg 


名物“カルストまんじゅう”とお蕎麦などのお食事がいただけます。

0114-06.jpg 


店内です。

0114-07.jpg 


“カルストまんじゅう”いただいちゃいました。
中にあんが入っていて運動後の…と言っても、山道を下っただけですが、おやつにぴったりです。

0114-08.jpg 


“せんぶつ茶屋”の奥で、サンダル(無料)を貸してくれます。
千仏鍾乳洞は、途中から水の中を進むので、水にぬれて良い履物でない方はこちらで履き替えます。

0114-09.jpg 


チケット販売窓口です。
入洞料金は、大人800円、高校生600円、中学生500円、小学生400円。

0114-10.jpg 


鍾乳洞の入り口にある説明版です。

0114-11.jpg 


いよいよ洞窟探検スタート。
入り口の近くに行くとすでに涼しく、少し入っただけでひんやりです。

0114-12.jpg 


スタート地点付近は広い空間ですが、すぐに人ひとりがやっと通れる場所や、天井が低くてかがまないと通れない場所、水につからないと通れない場所などが。

0114-13.jpg 


少し進んだところです。
通路の横を水が流れています。

0114-14.jpg 


先へ進むとだんだん道幅が狭くなります。

0114-15.jpg 


そして水の中を進むエリアに突入です!
つ・め・た・いぃ~!!!

0114-16.jpg 


天井からの障害物にも気を付けながら。

0114-17.jpg 


電気照明があるのは、入り口から900mの区間。
あと50mで電気照明が終わりということは、すでに850mも歩いてきたということですが、あっという間でした。
そして帰りも、1km近くも歩いた感じは全然ないくらい、楽しかったです。
身体が冷えたからか、上りの山道も思ったほどバテませんでした。

0114-18.jpg 

***千仏鍾乳洞***
福岡県北九州市小倉南区平尾台三丁目2番1号

千仏鍾乳洞三大カルスト平尾台

0 Comments

Add your comment