FC2ブログ

琵琶湖から京都に水をひいた!歴史と技術「南禅寺 水路閣」

都観光にオススメ、「南禅寺 水路閣」です。(2018.7)
琵琶湖から京都まで水を引くために作られた水路。
現在では撮影に使われることも多く、歴史と先人の技術を見に訪れる人で賑わっています。
琵琶湖疎水は、1890年の完成以降、現在も京都市水道局が管理して水源として使われています。

0100-01.jpg 



重要文化財に指定されている三門です。
大きく、趣を感じ、暑い日差しのなかでもここだけはひんやりしているかのよう。

0100-02.jpg 


別名“天下竜門”とも呼ばれ、京都・知恩院、山梨・久遠寺と共に日本三大門のひとつとなっているそう。

0100-03.jpg 



三門の階段の下には巨大な石灯籠があります。
高さは6m。

0100-04.jpg 


三門かから奥を見ると、緑のトンネルの向こうに法堂があります。

0100-05.jpg 


天井に描かれた龍が有名な法堂です。

0100-06.jpg 


法堂から右の奥の方に進むと、水路閣が見えてきます。

0100-07.jpg 


テレビなどでは全景を見ることが少ないのですが、大きな木々に囲まれたところにあるんですね。

0100-08.jpg 


近づくと歴史を感じるレンガ造りの水路です。

0100-09.jpg 


琵琶湖から京都市内へ水を引くために1890年に完成したものだそう。

0100-10.jpg 


美しいです。

0100-11.jpg 


奥の法を階段で上にあがることができます。

0100-12.jpg 


機能の確保だけでなく、細かい装飾がされているのがすごいです。

0100-13.jpg 


疎水部分です。
現在でも水源として使われていて、京都市の水道局が管理しています。

0100-14.jpg 


大きな水音をたてながら流れていきます。

0100-15.jpg 


南禅寺を少し下ったところ、京都市動物園の隣に「琵琶湖疎水記念館」があります。
入場は無料。
琵琶湖疎水の建設当時の、人力で建設した資料や図面などが展示してあり、ゆっくり時間をかけて見学したい記念館です。

0100-16.jpg 

***琵琶湖疎水記念館***
京都府京都市左京区南禅寺草川町17

京都観光南禅寺水路閣琵琶湖疎水

0 Comments

Add your comment